ラッキーニッキーに登録するなら今がチャンス!

オンカジは違法か合法か?安全に稼ぐためのポイントを解説

オンカジは違法か合法か?

日本でオンカジを遊んでいるプレイヤーは、100万人にも達すると言われています。

しかし日本での賭博行為は禁止されているので、はたして問題はないのか心配する方も多いことでしょう。

ネット上ではオンカジを合法とする意見や違法とする意見の両方があります。

そこで実際にはどうなのか、詳しく説明します。

また違法行為として検挙されないために、心得ておくべきポイントも合わせて解説するので参考にしてください。

目次

オンカジは率直に言って「グレーゾーン」

オンカジはグレーゾーン

オンカジは日本の刑法では「賭博罪」に適用されるため、法律上は違法と考えられています。

とはいえ、現実は規制されていないのが実情です。

オンカジが合法とは言えない理由

まずオンカジが合法と言えない理由に「賭博罪に該当する」と考えられることが挙げられます。

ただ厳密にはオンカジを違法とする法律はありません。

あくまで賭博罪は「偶然の結果に財物を賭ける行為」に適用されます。

これが犯罪となる理由は、簡単に言えば「勤勉を害し、経済に影響を及ぼすため」です。

これは昭和25年11月22日の事件名『賭場開張図利』における最高裁での処罰の根拠によります。

つまり楽をしてお金を稼ぐ行為が蔓延すると「日本経済が回らなくなるから禁止する」ということです。

この観点からみれば確かに、オンカジでお金を賭ける行為は違法と考えられます。

極端な話、国民誰もがオンカジに興じて働かなくなれば経済は停滞してしまうからです。

これが賭博罪を問われる理由となります。

オンカジの利用者は見逃されているだけ?

一方でオンカジの利用者は、ほとんど警察に逮捕されてはいません。

これは決して合法であるからではなく、たとえば違法行為である雀荘の賭け麻雀がほとんど摘発されていないのと同じ理由です。

警察は全ての違法行為を捜査対象としているわけではありません。

つまり違法であっても見逃しているケースがあるということです。

犯罪捜査規範67条によると、警察は「告訴または告発があった事件については、特にすみやかに捜査を行うように努める」こととし、義務付けられてはいません。

そのため雀荘での違法行為である賭け麻雀を行なっても、ほとんど逮捕されないというわけです。

オンカジも同様に、捜査対象ではあるものの放置されていると考えてよいでしょう。

オンカジが違法とは断言できない理由

実はオンカジは違法ではないという意見もあります。

これは実際にオンカジの利用者が逮捕された事件に端を発します。

2016年にスマートライブカジノというオンカジで遊んでいた3人が逮捕されました。

2人はすぐに略式起訴を受け入れ、罰金を支払っています。

しかし残る1人は弁護士をつけて略式起訴を受け入れず、結果として「不起訴」となったのです。

不起訴となった理由として、賭博罪はその賭博を開いた者を検挙する際に付随するものであり、今回の件は「賭博を開いた海外事業者を検挙できないため利用者の賭博罪を問うことができない」というものです。

この事例では海外事業者に対して日本の刑法を適用できないため、その利用者に賭博罪を適用できないという理由で不起訴になりました。

これが現在、オンカジは合法であるという意見が聞かれる理由です。

ただし賭博を開く者がいなくても賭博はできますし、その場合には賭博罪が適用されます。

その意味ではオンカジそのものを起訴できなくても、利用者に賭博罪が適用される可能性は残されています。

\ キャッシュバック /

実際にあったオンカジに関する事件

過去のオンカジに関する事件

オンカジは完全に安心して遊べるのかというと、そうではありません。

過去にオンカジが摘発された事件があるからです。

2016年6月10日、京都府警が大阪市の会社役員ら5人を常習賭博容疑で逮捕しました。

逮捕容疑は大阪市の事務所でオンカジ「ドリームカジノ」を運営し、複数の客を相手にポーカー賭博をしたことです。

このドリームカジノはオランダ領キュラソー島のライセンスを取得していましたが、サポートが日本語のみであったことから国内で運営していると判断されました。

結果として会社役員らは懲役3年、執行猶予4年などの有罪判決を受けました。

ドリームカジノの利用者に逮捕者は出ませんでしたが、登録情報をもとに警察から連絡がいったようです。

オンカジで稼ぐ時に注意すべきこと

オンカジのライセンス

結論としてオンカジは現状、違法とも合法とも言えないグレーゾーンであると言えます。

そこでオンカジで安全に遊ぶための心得ておくべきポイントを紹介します。

公的なライセンスを取得しているか?

まずは基本的なことですがオンカジで遊ぶ場合には、必ずライセンスを取得しているか確認しましょう。

ライセンスを取得するということは、ライセンスを発行している国に事業所を置くことが義務付けられます。

少なくとも日本国内に、その事業所が無いことをライセンスで確認できるので必ずチェックしておきましょう。

日本人に特化しすぎていないか?

日本語に対応するオンカジは増えていますが、あまりにも日本人向けのサービス内容であれば注意が必要です。

拠点は海外にあっても、実態として国内で運営していると疑われる可能性があります。

国内でオンカジを運営していれば当然、違法となります。

そのオンカジの利用者も違法性を問われ、摘発対象となる可能性があります。

ドリームカジノ事件では利用者は厳重注意をされただけで済みましたが、必ずしもそれで済むわけではありません。

オンカジのプレイ記録を残さない

警察当局の関係者によるとオンカジ利用者の摘発が難しいのは、利用者そのものを特定する情報が乏しいことも理由であると述べています。

そのため当面は目に見える形の店舗型カジノ(通称:闇カジノ・インカジ)を摘発対象にしているとされています。

これは反対に言えば、オンカジを利用している個人を特定できれば、検挙することができるとも考えられます。

実際にスマートライブカジノ事件で逮捕された3人は、そのプレイ内容をネット上に公開していました。

そこにIDも含まれていたため、警察がアクセスしゲーム内のチャットにおいて本人を特定したのです。

そこでオンカジでのプレイ状況は公開しないこと、特にゲーム内でのチャットは利用しないことが大切です。

オンカジは今後どうなっていくのか?

オンカジは今後どうなっていくのか?

日本でもIR法が施行され、ランドカジノの開業が現実のものになろうとしています。

そこで気になるのが、オンカジがどのように扱われるかです。

2021年3月1日の衆院予算委員会において「オンカジは賭博罪が適用され違法であるにもかかわらず規制されていない」との指摘がありました。

これに対して今後は取り締まりを強化するとしつつも、規制の対象になっていないことへの回答はありませんでした。

違法行為を取り締まるかどうかは、警察の裁量に任されています。

たとえば雀荘の賭け麻雀は明らかに違法ですが、ほとんど取り締まりがなされていないのが実情です。

とはいえIRのランドカジノが開業されれば、何かしらの形でオンカジに規制が入ることは予想されます。

その一方で、アメリカのように禁止していたオンカジを州によって合法化する動きもあります。

日本ではどのように扱われるのか、注意を払っておく必要はありそうです。

当サイトではカジノに関する最新ニュースを随時お届けするので、時間があるときにでもお読みください。

まとめ:オンカジをプレイする時は適切な距離を取ること

オンカジは違法か合法かまとめ

オンカジの利用は、違法とも合法ともはっきり言えない状況です。

そのため安心して遊べるとは言い切れません。

そこで少なくとも、検挙されないように重要なポイントは押さえておきましょう。

また今後はオンカジに対してどのような規制がなされるのかも、チェックすることが大切です。

安全に稼ぐためのポイント
  • ライセンスを取得しているか
  • 日本人に特化しすぎていないか
  • プレイ記録は残さない

\ 10ドル貰う /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる