ラッキーニッキーに登録するなら今がチャンス!

【分かりやすく解説!】モンテカルロ法を使ってオンカジから稼ぐ!

モンテカルロ法

カジノ攻略法の1つ「モンテカルロ法」は、カジノを破産させた噂があるほど有名です。

少ない資金でコツコツと利益を出せる特徴があり、カジノだけではなく円周率を求めたりする計算テクニックとしても使われています。

そんなモンテカルロ法をネットで調べると「乱数」や「数列」などの説明が多く、見るのも嫌になってしまいます。

しかしカジノで実践するのに、この難しい内容を覚える必要はありません!

この記事ではモンテカルロ法について「カジノで実践するために必要な最低限の情報」を解説します。

モンテカルロ法を覚えて、今までよりもカジノを楽しみましょう!

目次

オンカジ攻略に使えるモンテカルロ法とは?

モンテカルロ法は「長い時間をかけて、コツコツと利益を出す」ことを目的として使われます。

2倍配当か3倍配当のゲームで実践でき、それぞれで「ほんの少しだけ」使い方が異なります。

手順としては最初に「1、2、3」という数字の並び(数列)をスタートにし、両端の数字を足した額を賭けていきます。

①「1、2、3」からスタート。最初のベッド額は「1+3=4」

②勝った時は、両端の数字を消す「×、2、×」
(3倍配当では、両端の数字を2個ずつ消す。)

③負けた時は、ベッドした額を後ろに追加する「1、2、3、4」

④数字が1つになるか、全て消えた時点で終了。

モンテカルロ法は、終了した時に利益が出る仕組みになっています。

頭の中だけで計算するのは難しいので、まずは紙とペンを使ってメモをしながら試すのがオススメです!

\ 限定ゲーム /

モンテカルロ法を実践できるゲーム

先ほど説明したようにモンテカルロ法を使うためには「2倍配当」か「3倍配当」のゲームである必要があります。

2倍配当のゲーム
  • ルーレット:カラーベット、ハイローベット、オッドイーブンベット
  • バカラ:プレイヤーにベット

バカラは「バンカー」に賭けた場合、配当が1.95倍となるので「プレイヤー」に賭けた場合のみ使えます。

また有名なゲームに「ブラックジャック」がありますが、ゲームの途中でベッド額が変わることがあるので、あまり向いているとは言えません。

3倍配当のゲームはルーレットのダズンベット、コラムベットが該当します。

ダズンベットとはルーレットの1~36までの数字を「1∼12」「13∼24」「25∼36」の3つに分け、どれか1つに賭ける方法です。

コラムベットのグループ分けは下記の通りです。

コラムベット
  • 1,4,7,10,13,16,19,22,25,28,31,34
  • 2,5,8,11,14,17,20,23,26,29,32,35
  • 3,6,9,12,15,18,21,24,27,30,33,36

このグループのいずれかにベットすることをコラムベットと言います。

どちらも当たる確率は1/3で、分かりやすい仕様になっています。

またどれか1つに賭けると言っていますが、複数に賭けることも可能です。

モンテカルロ法を使ったシミュレーション

ここからは「モンテカルロ法」を実際に使った場合のシミュレーションをしていきます。

・2倍配当はルーレットの「赤にベット」
・3倍配当はルーレットの「ダズンベット」

2倍配当のシミュレーション

まずはルーレットの赤に賭ける2倍配当のシミュレーションです。

「1単位を100円」「すべて赤に賭ける」という条件です。

最初にメモなどに「1、2、3」と数字を書きます。

そして数字の両端を足した数をベットしてゲームを始めます。

「1ゲーム目:負け」

プレイ回数数列ベット額勝敗収支
1回目「1、2、3」400円負け-400円

①ベットする額は「1+3=4」の4単位なので400円。
②負けたので、数字の最後に「4」を追加して次のゲームへ。

「2ゲーム目:負け」

プレイ回数数列ベット額勝敗収支
1回目「1、2、3」400円負け-400円
2回目「1、2、3、4」500円負け-900円

①ベットする額は「1+4=5」の5単位なので500円。
②負けたので、数字の最後に「5」を追加して次のゲームへ。

「3ゲーム目:勝ち」

プレイ回数数列ベット額勝敗収支
1回目「1、2、3」400円負け-400円
2回目「1、2、3、4」500円負け-900円
3回目「1、2、3、4、5」600円勝ち-300円

①ベットする額は「1+5=6」の6単位なので600円。
②勝ったので、両端の数字を1つずつ消して次のゲームへ。

「4ゲーム目:勝ち」

プレイ回数数列ベット額勝敗収支
1回目「1、2、3」400円負け-400円
2回目「1、2、3、4」500円負け-900円
3回目「1、2、3、4、5」600円勝ち-300円
4回目「2、3、4」600円勝ち+300円

①ベットする額は「2+4=6」の6単位なので600円。
②勝ったので、両端の数字を1つずつ消す。
③残った数字が「3」だけになり、1つしかないので終了。

シミュレーションでは4ゲーム目が終わった時点で残りの数字が1つになりました。

モンテカルロ法は「残りの数字が無くなる」か「残りの数字が1つになる」と終了です。

次のゲームからモンテカルロ法をリセットして開始します。

このサイクルを繰り返すことで、収支がプラスのままゲームを続けることが出来ます。

3倍配当のシミュレーション

次にルーレットの3倍配当であるダズンベットでシミュレーションします。

「1単位を100円」「全てダズンベット」という条件です。

最初にメモなどに「1、2、3」と数字を書きます。

そして数字の両端を足した数をベッドしてゲームを開始します。

「1ゲーム目:負け」

プレイ回数数列ベット額勝敗収支
1回目「1、2、3」400円負け-400円

①ベットする額は「1+3=4」の4単位なので400円。
②負けたので、数字の最後に「4」を追加して次のゲームへ。

「2ゲーム目:負け」

プレイ回数数列ベット額勝敗収支
1回目「1、2、3」400円負け-400円
2回目「1、2、3、4」500円負け-900円

①ベットする額は「1+4=5」の5単位なので500円。
②負けたので、数字の最後に「5」を追加して次のゲームへ。

「3ゲーム目:勝ち」

プレイ回数数列ベット額勝敗収支
1回目「1、2、3」400円負け-400円
2回目「1、2、3、4」500円負け-900円
3回目「1、2、3、4、5」600円勝ち+300円

①ベットする額は「1+5=6」の6単位なので600円。
②勝ったので、両端の数字を2つずつ消す。
③残った数字が「3」だけになり、1つしかないので終了。

3倍配当で勝った場合、両端の数字を「2つずつ消す」ので終了が早くなります。

また1サイクルが短く、しっかりと利益を出せるのでモンテカルロ法は3倍配当のゲームに効果的です。

\ 3,000円貰う /

モンテカルロ法のメリット・デメリット

モンテカルロ法の使い方が分かったところで、メリットとデメリットを解説します。

モンテカルロ法のメリット

モンテカルロ法には2つのメリットがあります。

少ない資金で利益が出せる!

1つ目は「資金が少なくても利益を出せること」です。

最初にベットする額をいくらにするかによりますが、モンテカルロ法は資金が少なくても実践することができます。

1サイクルが終われば必ず利益が出るので、あまり資金が多くない方でも安心して試すことができます。

一度に大量の資金を失うことが少ない!

2つ目は「大きな損失を出しにくいこと」です。

モンテカルロ法はマーチンゲール法などと比較して、連敗が続いても損失が増えにくいという特徴があります。

モンテカルロ法のデメリット

モンテカルロ法のデメリットは2つあります。

慣れるまで大変

1つ目は「計算がややこしいこと」です。

モンテカルロ法の計算は、ゲームが続けば続くほどややこしくなります。

シミュレーションは4ゲームで終わりましたが、その後も続けば「制限時間内に次のベット額を考えること」が大変になります。

そのため慣れるまではメモを取りながら実践するのがオススメです。

短時間では稼ぎにくい

2つ目は「稼ぐまでに時間がかかること」です。

モンテカルロ法は長い時間でコツコツと利益を出していくので「短時間で大きな利益を狙いたい」という方には向いていない攻略法です。

プレイヤーそれぞれオンカジで遊ぶ目的が違うので、自分のプレイスタイルに合うかどうかの見極めが大切です。

モンテカルロ法を間違えているサイトに注意する

ここまではモンテカルロ法をシミュレーションを交えて解説してきました。

しかしサイト次第では、シミュレーション自体を間違えていることがあるので注意してください。

例えばこちらの3倍配当のシミュレーションを確認してみましょう。

プレイ回数数列ベット額勝敗収支
1回目「1、2、3」400円負け-400円
2回目「1、2、3、4」500円負け-900円
3回目「1、2、3、4、5」600円負け-1,500円
4回目「1、2、3、4、5、6」700円勝ち-100円
5回目「3、4」700円負け-800円

モンテカルロ法は最後にベットした単位を数列の最後に追加するので、この場合の次の数列は「3、4、7」になります。

しかし多くのサイトでは「3、4、5」のように「右端の数字に1を足して追加する」と間違った記載をしていることがあります。

このように間違ったモンテカルロ法でゲームを続けてしまうと、

プレイ回数数列ベット額勝敗収支
1回目「1、2、3」400円負け-400円
2回目「1、2、3、4」500円負け-900円
3回目「1、2、3、4、5」600円負け-1,500円
4回目「1、2、3、4、5、6」700円勝ち-100円
5回目「3、4」700円負け-800円
6回目「3、4、5」800円負け-1,600円
7回目「3、4、5、6」900円負け-2,500円
8回目「3、4、5、6、7」1,000円勝ち-500円

「5」だけが残りゲーム終了ですが、収支がマイナスになっています。

モンテカルロ法を理解していても意外と起きやすい間違いなので、実践するときは注意してください。

まとめ:モンテカルロはゆっくり利益を出す攻略法!

今回は「モンテカルロ法をカジノで実践する方法」について解説しました。

難しそうなイメージを持たれがちなモンテカルロ法ですが、カジノで実践するのは意外と簡単です。

まずは慣れるために、ひたすらメモを取って練習しましょう!

モンテカルロ法を使いこなして、オンカジで少しでも多く利益を得てください!

\ 35ドル貰う /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる