ラッキーニッキーに登録するなら今がチャンス!

税金は払いたくないけどオンカジで利益を得たら確定申告が必要!その理由と申告方法!

オンカジと税金

オンカジで利益が出たら、気になるのは「税金を払う必要があるのか」ということです。

得た利益にもよりますが、必要であれば面倒でも確定申告をしなければなりません。

そこで、この記事ではオンカジと税金について詳しく解説します。

最後までご覧いただければ、疑問点は解消されるはずです。

目次

オンカジの利益に税金はかかるの?

オンカジでの利益に税金はかかるのか?

まずはオンカジで利益が出たら、税金を支払う必要があるのかを解説します。

オンカジで得た利益には税金がかかる!

結論から言えば、オンカジで得た利益は一定金額を超えたら税金がかかります。

たとえ海外のサービスであっても、海外の口座に利益が残っていても税金は支払わなければなりません。

オンカジで得た利益は「一時所得」となり、会社からの給与などと合算して税金を計算することになります。

会社員でも確定申告して、所得税を支払うということです。

副業して雑所得を申告している人も、オンカジの利益は一時所得として申告します。

また所得が増えることにより住民税も増えるので注意してください。

対象となるのは「1年間に得た利益」です。

オンカジの利益に税金がかからないケース

オンカジで得た利益は必ず課税対象となるわけではありません。

というのも、一時所得には50万円の控除があるからです。

そのため収入が会社からの給与所得のみの人は、オンカジの利益が50万円以下の場合は税金がかかりません。

ただ他に競馬や競輪などの配当金があり、総額で50万円を超えると税金がかかるので注意しましょう。

オンカジと税金に関する疑問点

税金に関しては理解しにくい難しいことが多いです。

そこでオンカジの利益と税金に関するいくつかの疑問点にお答えします。

利益を出金しなければ申告は不要なのか?

オンカジの口座から出金しなければ、税金は発生しないという意見がありますが、これは間違いです。

あるいはecoPayz(エコペイズ)などの電子決済サービスを利用して、その口座に利益を残しておいても、やはり課税対象となり税金を支払う義務が生じます。

そもそも税金は所得が発生した時点で生じるので、出金せずにオンカジや電子決済サービスの口座にお金を残しておいても確定申告が必要です。

また海外のサービスなので、申告しなくてもバレないという意見もあります。

これは後に判明すると相当額の罰則を受けることになるので必ず申告しましょう。

1年間のトータル利益を申告すれば良い!

税金はオンカジでプレイして、年間でいくらの利益を得たかにより決まります。

ただ1つ、注意点があります。

それは「損をした金額は利益から差し引くことはできない」ということです。

たとえば1日に20ドル賭けて50ドルの配当を得て、そのあとに10ドルを損したとしましょう。

手元に残る金額は次のとおりです。

・50ドル-20ドル-10ドル=20ドル

しかし課税される金額は、あくまでも配当金の50ドルから「その時に賭けた20ドル」を引いた「30ドル」です。

その後にいくら負けようと関係ありません。

これを1ゲームごとに集計して利益を出す必要があります。

極端な話、大きな利益を出したものの、その全てを賭けて外れプラマイゼロになっても、一度手にした利益分の税金は支払う義務があるということです。

オンカジの利益は申告しなくてもバレないのか?

オンカジで利益を出したものの、確定申告が面倒だからと申告しなくてもバレないものでしょうか。

答えは「ノー」です。

税務署はあらゆるルートから、国外から得た収入の情報を入手します。

そして確定申告を提出した記録がなければ、数年後に「お尋ねの通知」を送ってきます。

これを無視すると「脱税」とみなされ、相当のペナルティが与えられるので気をつけましょう。

税金を申告しないとどうなるのか?

オンカジで確定申告が必要な利益を得ているにもかかわらず、確定申告をしなかったらペナルティが課せられます。

所得を得てから数年後にお尋ねの通知が届き、オンカジで利益を得ていたことがバレるとします。

この場合、本来支払うべき税金の他に次のペナルティが発生します。

  • 無申告加算税(15~20%)
  • 延滞税(年14.6%)

税務署は情報を得てから、銀行口座におけるお金の流れなどを詳しく調査します。

そのため数年経ってから申告していないことを指摘することが多いです。

当然、その間の延滞税も請求されます。

だから50万円以上の利益を得たら、必ず確定申告して税金を払いましょう。

\ キャッシュバック /

オンカジの利益を計算し、確定申告書を作成して税金を支払う!

それではオンカジで得た利益を確定申告する手順を解説します。

オンカジの年間利益をまとめる!

まずは年間で得た利益をまとめましょう。

これは1ゲームごとに得た利益(配当金-賭け金)を合計したものとなります。

1ゲームごとに集計するのは面倒なので、単純にオンカジの口座残高で計算したくなるでしょう。

ただ申告に間違いがあることを指摘されると、ペナルティが発生するので注意してください。

オンカジでは各ゲームの履歴を残しています。

期間は半年間など期限があるので、こまめにバックアップし後で表計算ソフトにデータを入れれば簡単に集計できます。

確定申告書を用意する!

続いて確定申告書を用意します。

管轄の税務署で貰うことも郵送で取り寄せることも可能です。

会社員であれば白色申告になりますが、白色申告書にはAとBがあるのでAを貰っておきます。

もし副業をしているのであればBの申告書になります。

他に確定申告の書き方をまとめた「確定申告書の手引き」があるので、こちらも貰っておきましょう。

そしてもうひとつ、会社から年末にもらう「源泉徴収票」も必要です。

もし紛失している場合は、会社に言えば再発行してもらえます。

確定申告書を作成する!

必要な書類が揃ったら、手引書を見て確定申告書を作成しましょう。

基本的な流れは次のようになります。

作成の流れ
  • 源泉徴収票の内容を書き写す
  • オンカジで得た所得金額を記入する
  • 最終的な課税所得を計算する
  • 所得税を計算する

オンカジで得た所得金額は次のように計算します。

・計算式:((配当金額-その時の賭け金)-50万円)÷2

住民税の納付方法を選ぶ!

確定申告書の作成で最後に1つ、大切なことがあります。

それは「住民税をどのように支払うのか」ということです。

オンカジで得た利益分の住民税を自分で支払うのか、それとも会社から天引きしてもらうのかを決める必要があります。

会社に知られたくない場合は、自分で支払いましょう。

確定申告書にその旨を選ぶ項目があるので、忘れずにチェックしておきます。

確定申告書を提出し、税金を支払う!

確定申告書を作成したら税務署へ提出します。

足を運んでも良いし、郵送でも構いません。

ただ郵送する場合は、控えを送ってもらうための返信用封筒を入れておきます。

確定申告書の控えは、返信用封筒を入れておかないと送付されないので注意しましょう。

提出したら、後は所得税を納付します。

納付期限は確定申告の期限と同じなので忘れないようにしましょう。

1日でも納付が遅れると延滞税が発生します。

まとめ:オンカジで利益を得たら、必ず税金を支払うこと!

オンカジで利益を得たら、その金額によっては確定申告が必要です。

海外のサービスだからバレないだろうと思っても、税務署には必ずバレます。

プレイ履歴の管理や利益の計算など手間ですが、税金は必ず支払ってください。

\ 10ドル貰う /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる