ラッキーニッキーに登録するなら今がチャンス!

【超簡単!】ココモ法を使ってオンカジから稼ぐ!

ココモ法

カジノ攻略法の1つである「ココモ法」は、数学的にも証明されている効果的な戦略です。

数学的と聞くと身構えてしまう方もいるかもしれません。

しかしカジノで使う時は「シンプルで分かりやすい」ので安心して下さい!

ココモ法は「連敗が続くほど、大きな利益が出る」という特徴があり、とても人気です。

この記事では「カジノでココモ法を使いこなす方法」を誰でも分かるようにまとめています。

ココモ法を使いこなして、今まで以上にカジノを楽しんでいきましょう!

目次

カジノゲーム攻略に役立つココモ法とは?

ココモ法は「連敗が続くほど、大きな利益が出る」という特徴以外にも「1回勝てば必ず利益が出る」という特徴もあります。

この特徴はマーチンゲール法と似ているため「マーチンゲール法の変化形」などと呼ばれることもあります。

しかしココモ法の方が「ローリスク・ハイリターン」なので、カジノの攻略法として人気があります。

ココモ法の賭け方はとてもシンプルです。

ココモ法の賭け方
  1. 最初と2回目のゲームは「1単位」を賭ける。
  2. 3回目以降で負けた場合には「前回と前々回(この場合は1回目と2回目)の単位を合計した額」を賭ける。
  3. これを勝てるまで繰り返し、勝った場合は「①」から再スタートする。

①~③を繰り返すだけなので、誰でも簡単に使えます。

このようにマーチンゲール法とは「賭け方と実践できるゲームが違う」のですが、それについては次で説明します。

ココモ法が使えるゲーム

まずココモ法を実践できるのは「3倍配当のゲーム」です。

3倍配当とは、勝てば賭け金が3倍になって返ってくることです。

対してマーチンゲール法は「2倍配当のゲーム」で使えるので、ここが大きく異なります。

ココモ法を特に実践しやすいゲームはルーレットの「ダズンベット」「コラムベット」です。

ダズンベットはルーレットの1~36までの数字を「1∼12」「13∼24」「25∼36」の3つに分け、どれか1つに賭ける方法です。

コラムベットは1~36までの数字を、

  • 「1/4/7/10/13/16/19/22/25/28/31/34」
  • 「2/5/8/11/14/17/20/23/26/29/32/35」
  • 「3/6/9/12/15/18/21/24/27/30/33/36」

の3つに分け、どれか1つに賭ける方法です。

どちらも当たる確率は1/3で、勝てば3倍の配当が返ってくる仕組みになっています。

また1つのグループだけではなく、複数のグループに賭けることも可能です。

\ 3,000円貰う /

ココモ法を使ったシミュレーション

ここからは「ココモ法」を実際に使った場合のシミュレーションをしていきます。

シミュレーションを通して、ココモ法の様々な特徴やマーチンゲール法との違いを確認しましょう。

ココモ法のシミュレーション

今回はルーレットの「ダズンベット」「1単位100円」とします。

「1ゲーム目:負け」

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円負け-100円

①1ゲーム目のベット額は100円。
②負けたので、次のゲームに進む。

「2ゲーム目:負け」

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円負け-100円
2回目100円負け-200円

①2ゲーム目のベット額は100円。
②負けたので次のゲームに進む。

次のゲームからココモ法の賭け方を始めます。

「3ゲーム目:負け」

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円負け-100円
2回目100円負け-200円
3回目200円負け-400円

①3ゲーム目からベットする額は「前2回分の合計額」なので「100円+100円=200円」
②負けたので次のゲームに進む。

「4ゲーム目:負け」

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円負け-100円
2回目100円負け-200円
3回目200円負け-400円
4回目300円負け-700円

①ベットする額は「前2回分の合計額」なので「100円+200円=300円」
②負けたので次のゲームに進む。

「5ゲーム目:勝ち」

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円負け-100円
2回目100円負け-200円
3回目200円負け-400円
4回目300円負け-700円
5回目500円勝ち+300円

配当1500円-総ベット額1200円=300円

①ベットする額は「前2回分の合計額」なので「200円+300円=500円」
②勝ったので終了。再び「1ゲーム目」からスタートする。

このシミュレーションの通り、5ゲーム目で勝つと300円の利益を獲得できました。

ココモ法の特徴である「1回でも勝てば利益が出る」ことが分かりますね!

これがもし10ゲーム目まで続いたら…

「10ゲーム目:勝ち」

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円負け-100円
2回目100円負け-200円
3回目200円負け-400円
4回目300円負け-700円
5回目500円負け-1,200円
6回目800円負け-2,000円
7回目1,300円負け-3,300円
8回目2,100円負け-5,400円
9回目3,400円負け-8,800円
10回目5,500円勝ち+2,200円

配当16500円-総ベット額14300円=2,200円

このように10ゲーム目で勝つと2200円の利益が出ました。

この場合もココモ法の特徴である「連敗が続くほど、大きな利益が出る」ことが分かります。

マーチンゲール法との比較

次にマーチンゲール法との比べてみましょう。

上と同じ条件で、10ゲーム目に勝った場合のシミュレーションです。

ココモ法マーチンゲール法
ベット額収支ベット額収支
100円-100円100円-100円
100円-200円200円-300円
200円-400円400円-700円
300円-700円800円-1,500円
500円-1,200円1,600円-3,100円
800円-2,000円3,200円-6,300円
1,300円-3,300円6,400円-12,700円
2,100円-5,400円12,800円-25,500円
3,400円-8,800円25,600円-51,100円
5,500円+2,200円51,200円+100円

このシミュレーションからココモ法は「連敗が続くほど、利益が出る」のに対し、マーチンゲール法は「どこで勝ったとしても、1単位分しか利益が出ない」ことが分かります。

これがココモ法が「ローリスク・ハイリターン」と呼ばれている理由です。

ただ実践できるゲームが異なるので、一概にマーチンゲール法が使えないわけではありません。

\ 10ドル貰う /

ココモ法のメリット・デメリット・注意点

ココモ法の使い方が分かったところで、メリットとデメリットについても解説します。

ココモ法のメリット

ココモ法のメリットは3つあります。

シンプルで使いやすい!

1つ目は「シンプルで使いやすい」ことです。

シミュレーションで確認したように、

①最初の2ゲームまでは「1単位」を賭ける
②3ゲーム目以降は「前回と前々回のゲームの合計単位」を賭ける
③勝つまで繰り返す。

上記3つの要素だけなので、簡単に覚えられ誰でも実践できます。

1回でも勝てば利益が出る!

2つ目は「1回でも勝てば利益が出る」ことです。

こちらもシミュレーションで確認したように、勝つまで続ければ必ず利益が出ます。

ただ、これには注意点もあるので「デメリット」の項目で簡単に説明します。

連敗すればするほど利益が大きくなる!

3つ目は「連敗するほど利益が大きくなる」ことです。

シミュレーションで確認したように5ゲーム目で勝った場合は+300円、10ゲーム目で勝った場合は+2200円というように、連敗が続くほど勝った時の利益が大きくなります。

これはココモ法ならではの大きなメリットです。

ココモ法のデメリット

次にデメリットですが、3つあります。

連敗の可能性が高い

ココモ法は3倍配当のゲームでしか実践できません。

そのため勝率は約33%となりマーチンゲール法や他の2倍配当に使える攻略法よりも、連敗する可能性が高いです。

ただ実際には10回を超えるような連敗は続きにくいし、マーチンゲール法より賭け金が急激に増えることもないので気軽に挑戦できると思います。

それにココモ法は「連敗するほど利益が出る」ので、勝つまで続けることが重要です。

ベットの上限に達してしまう可能性がある

カジノではゲームごとに「ベット額の上限(マックスベット)」が存在します。

そのため連敗が続きベット額が増えると、上限に達してしまう可能性があります。

ベット額が上限に達した時点で「負け」が確定してしまうので、あらかじめベット額の上限と引き際を決めておきましょう。

3倍配当専用の攻略法

ココモ法は2倍配当や4倍配当などのゲームでは活用できません。

厳密に言えば「使えるけど、利益を出しにくい」のです。

ここではシミュレーションを省きますが、簡単に説明すると「連敗が続くほど、損失が出る」ということです。

そのため、

・2倍配当のゲームではマーチンゲール法やパーレー法
・3倍配当のゲームではココモ法やモンテカルロ法

などと使い分けてください。

注意すべき点

ココモ法を使う時に注意すべきことは「損切りのタイミングを決めておく」ことです。

ゲームをプレイする前にベット額の上限を確認したうえで、損切りの目安を決めましょう。

損切りの目安
  • 5連敗したらゲームを止める
  • 軍資金が10,000円以下になったらゲームを止める

どんな攻略法にも共通して言えることですが「必ず勝てる保証」はありません。

カジノやギャンブルを健全に楽しむためにも「損切りのタイミング」は決めておくべきです。

まとめ:ココモ法は3倍配当専用の攻略法!

ここまで「ココモ法をカジノで実践する方法」について解説しました。

ココモ法は簡単でシンプルながら「大きな利益を狙うことができる攻略法」であることを理解できたと思います。

ぜひココモ法をマスターして、カジノ攻略に役立ててください!

\ 30ドル貰う /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる