ラッキーニッキーに登録するなら今がチャンス!

【誰でも分かる!】グッドマン法を使ってオンカジから稼ぐ!

グッドマン法

カジノ攻略法の1つ「グッドマン法」は、リスクを最小限に抑えて利益を出していく戦略です。

シンプルで理解しやすいので、初心者でもすぐに実践することができます!

コツコツと利益を積み重ねる守りのシステムは、

『カジノを長時間プレイしたい!』
『少しでも利益を得たい!』

という方に特にオススメです!

この記事では「カジノでグッドマン法を賢く使いこなす方法」を誰でも分かるようにまとめているので、ぜひ参考にしてください。

グッドマン法を使いこなし、より戦略的にカジノを楽しみましょう!

目次

カジノ攻略法として有名なグッドマン法とは?

グッドマン法は勝つことで利益を上げていく攻略法の1つです。

似ている性質を持つ攻略法として「パーレー法」がありますが、パーレー法は「攻めの戦略」であるのに対し、グッドマン法は「守りの戦略」なのが特徴です。

そのため「リスクを避けて堅実に利益を出す方法」として人気があります!

実践するのはとても簡単で勝つたびに、

「1ドル→2ドル→3ドル→5ドル→5ドル…」

という風にベット額を上げていき、負けたら始めからやり直すシンプルな方法です。

この特徴的な賭け方から、別名「1235法」とも呼ばれています。

とてもシンプルで覚えやすいので、初心者でもすぐに実践できます!

\ 30ドル貰う /

グッドマン法が使えるゲーム

グッドマン法は「2倍配当」のゲームで効果を発揮します。

2倍配当とは、勝てば賭け金が2倍になって返ってくるという意味です。

2倍配当のゲーム
  • ルーレット:カラーベット、ハイローベット、オッドイーブンベット
  • バカラ:プレイヤーにベット

バカラでは「プレイヤーorバンカー」に賭けますが、バンカーの場合は配当が1.95倍になるのでプレイヤーに賭ける場合のみ実践できます。

また有名なテーブルゲームで「ブラックジャック」がありますが、ゲームの途中でベット額が変わることがあるのでオススメできません。

そのためグッドマン法を効果的に使うなら「ルーレット」がオススメです!

グッドマン法を使ったシミュレーション

ここからは「グッドマン法」を実際に使った場合のシミュレーションを紹介します。

シミュレーションを通じて、グッドマン法の特徴や使い方をマスターしていきましょう!

分かりやすいシミュレーション

条件は「ルーレット」「赤にベット」「1単位を100円」とします。

まずは10ゲームをプレイした結果を表で確認しましょう。

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円勝ち+100円
2回目200円勝ち+300円
3回目300円勝ち+600円
4回目500円負け+100円
5回目100円負け±0円
6回目100円勝ち+100円
7回目200円勝ち+300円
8回目300円勝ち+600円
9回目500円勝ち+1,100円
10回目500円負け+600円

このように勝つたびに「1→2→3→5」とベット額を増やしていき、負けた場合はリセットします。

グッドマン法の特徴は「増えた利益を使ってゲームを続ける」という所にあります。

今回のシミュレーションで確認すると、

①最初に3連勝して増えた600円から、500円を次のゲームにベットする。

②4ゲーム目で負けても100円の利益がある状態で、5ゲーム目に進める。

③5ゲーム目で負けても「利益は ±0 」に戻る。

これが「リスクを最小限に抑えて利益を狙う攻略法」と呼ばれる理由です。

さらにゲームを続けていくと、最終的な利益は「+600円」で終えることができました。

以上のことからグッドマン法は連勝することで、より利益を出せることが分かります!

パーレー法との比較

グッドマン法は「リスクを最小限に抑えること」が特徴と紹介しました。

本当かどうか確かめるために「パーレー法」と比較してみましょう。

条件は「ルーレット」「赤にベット」「1単位100円」とし、分かりやすいように「5連勝→5連敗」の結果で比較します。

グッドマン法

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円勝ち+100円
2回目200円勝ち+300円
3回目300円勝ち+600円
4回目500円勝ち+1,100円
5回目500円勝ち+16,00円
6回目500円負け+1,100円
7回目100円負け+1,000円
8回目100円負け+900円
9回目100円負け+800円
10回目100円負け+700円

パーレー法

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円勝ち+100円
2回目200円勝ち+300円
3回目400円勝ち+700円
4回目800円勝ち+1,500円
5回目1,600円勝ち+3,100円
6回目3,200円負け-100円
7回目100円負け-200円
8回目100円負け-300円
9回目100円負け-400円
10回目100円負け-500円

この比較からグッドマン法は「堅実に利益を出せる」ようにリスクを抑えている戦略なのが分かります。

パーレー法は「短時間で大きな利益を狙う」戦略ですが、1度でも負けると利益がマイナスになります。

どちらも勝つことで利益を狙う点は同じ性質ですが「グッドマン法のほうが低リスクでマイナスになりにくい」です!

\ 30ドル貰う /

グッドマン法のメリット・デメリット

グッドマン法の使い方が分かったところで、メリットとデメリットを紹介します。

グッドマン法のメリット

グッドマン法のメリットは大きく分けて2つあります。

少ない資金で実践できる!

グッドマン法は「守りのシステム」であり、リスクを抑える特徴があります。

そのため資金が少ない状態でも実践しやすいのがメリットです。

最高でも「5単位」までしか賭けないので、自分の資金と相談しながらベットの単位を変えていくとより効果的です。

連敗しても大きな損失になりにくい!

グッドマン法のメリットとして、特に人気なのが「大損しにくい」という点です。

先ほどのシミュレーションでも確認した通り、5連勝した後の5連敗では最終的に収益がプラスで終わりました。

ここで同じく2倍配当のゲームで使える「マーチンゲール法」と比較してみましょう。

マーチンゲール法で5連敗した場合の損失は「100円」「200円」「400円」「800円」「1600円」で合計-3,100円なのに対し、

グッドマン法で5連敗した場合の損失は「100円」「100円」「100円」「100円」「100円」で合計-500円と損失額が全然違います。

このように大きな損をすることが少ないので初心者でも安心して使うことができ、気づいたら破産しているといった恐ろしい事態になることもありません。

グッドマン法のデメリット

グッドマン法のデメリットは大きく分けて2つあります。

利益を出すのに時間がかかる

グッドマン法のデメリットは「利益を出すまでに時間がかかること」です。

「リスクを最小限に抑える性質」からプレイ時間が長くなる傾向にあります。

そのため短時間で大きな利益を求める方には向いていないかもしれません。

またグッドマン法で利益を出すためには最低でも「3連勝」する必要があります。

2倍配当のゲームで3連勝する確率は「1/2 × 1/2 × 1/2 = 1/8」なので、利益を出すまでに少し時間がかかります。

あくまでも確率の話ですが、

『すぐに利益を出したい!』
『スリルを楽しみたい!』

という方には「マーチンゲール法」や「パーレー法」の方がオススメです。

勝ち負けが交互になると損失が増える

「勝つたびにベット額を上げていく攻略法」は、勝ち負けが交互に続く状況だと効果を発揮しにくくなります。

実際に10ゲームをプレイして、勝ち負けが交互になる場合を確認しましょう。

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円勝ち+100円
2回目200円負け-100円
3回目100円勝ち±0円
4回目200円負け-200円
5回目100円勝ち-100円
6回目200円負け-300円
7回目100円勝ち-200円
8回目200円負け-400円
9回目100円勝ち-300円
10回目200円負け-500円

このように勝ち負けが交互に続くと、地味に損失が増えていきます。

大きな損失ではないですが、この流れでグッドマン法を実践するのは控えるべきでしょう。

一度、悪い流れを断ち切るべきです!

グッドマン法を賢く使いこなす方法

ここまで、

・グッドマン法の特徴や使い方
・グッドマン法のメリットとデメリット

を分かりやすく解説してきました。

最後に「より賢くグッドマン法を実践する方法」について考えていきましょう!

利益を確定させたらリセットする

ここまで説明したようにグッドマン法は「1→2→3→5」というようにベット額を上げていく攻略法です。

そのまま使う場合は「5単位」を賭けたあとも、勝ち続ける限り「5→5→5…」と賭けていきます。

しかし2倍配当のゲームで4連勝、5連勝と勝ち続ける確率は高くありません。

そこで、

・4連勝したらリセットする。
・5単位以上の利益が出たらリセットする

などのルールをあらかじめ決めておき「利益を確定させたらリセットすること」を意識すれば、より堅実に利益を積み上げることができます。

マーチンゲール法との組み合わせを活用する

グッドマン法のデメリットには「勝ち負けが交互になると損失が増える」という特徴がありました。

そのデメリットを上手く解決する方法が「マーチンゲール法との組み合わせ」です。

具体的には勝ち負けが交互に続く状態が続いてる時に「勝ったらグッドマン法」「負けたらマーチンゲール法」を使います。

先ほどのシミュレーションで応用してみましょう。

プレイ回数ベット額勝敗収支
1100円勝ち+100円
2200円負け-100円
3400円勝ち+300円
4100円負け+200円
5200円勝ち+400円
6100円負け+300円
7200円勝ち+500円
8100円負け+400円
9200円勝ち+600円
10100円負け+500円

このように「3ゲーム目」「5ゲーム目」「7ゲーム目」「9ゲーム目」でマーチンゲール法を活用しました。

その結果、先ほどのシミュレーションでの利益は「-500円」だったのに対し、この方法だと「+500円」で終えることができました!

カジノの攻略法には、それぞれメリットとデメリットが存在しますが「上手く組み合わせること」で、その効果をより活かすことができます!

まとめ:グッドマン法は損失を抑えて利益を出す攻略法!

グッドマン法は大きな利益を求めず、少額でもコツコツと確実に利益を出す攻略法です。

また損失も最小限に抑えることができるので、カジノゲームに慣れていない方でも気軽に実践することができます。

ただ実践するには3連勝しなくてはいけません。

上手く勝てないときはマーチンゲール法と活用して、流れに乗るまで臨機応変に対応しましょう。

それでは賭け方がシンプルで簡単にマスターできるグッドマン法を使いこなして、少しずつでも利益を増やしながら楽しんでください!

グッドマン法の特徴
  • 損失を抑え、コツコツ利益を出せる!
  • デメリットはマーチンゲール法で解決可能!

\ 10ドル貰う /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる