ラッキーニッキーに登録するなら今がチャンス!

【絶対に利益を出せる!?】ハーフストップ法を使ってオンカジから稼ぐ!

ハーフストップ法

カジノゲームの戦略の1つ「ハーフストップ法」は、確実に利益を出すことに特化した攻略法です。

このハーフストップ法は「ゲームを止めるタイミング」を明確にする方法で、

『途中まで勝っていても、結局は負けて終わってしまう…』
『どのタイミングでやめたらいいか分からない…』

という経験が多いプレイヤーに、特にオススメな攻略法です!

他の攻略法とは違って「勝ったら〇倍」「負けたら〇倍」のような決まりが無く、誰でも簡単に実践できます!

この記事では「カジノでハーフストップ法を使いこなす方法」を誰でも分かるようにまとめているので、ぜひ参考にしてください!

ハーフストップ法を使いこなして、安定して利益を出せるようになりましょう!

目次

安定した利益を出せるハーフストップ法とは?

ハーフストップ法は「資金を減らさずに、利益の半分を使ってゲームを進めていく攻略法」です。

しっかりと利益を出せるのでカジノだけでなく、競馬や競輪、パチンコなど様々なギャンブルで活用されています。

使い方は簡単で、

①「目標利益」を決める。
②目標を達成したら「利益の半分」は使わずに残しておく。
③「残りの利益」を使ってゲームを続け、無くなった時点で終了する。

上記3つのステップを繰り返すだけです。

明確なルールが決まっておらず自由度が高いので「他の攻略法と組み合わせること」で、より効果的に利益を狙うことができます。

ハーフストップ法を実践できるカジノゲーム

ハーフストップ法はルーレットやバカラ、ブラックジャックなど「全てのカジノゲーム」で実践できます!

そのため自由に好きなゲームを遊ぶことができるので「楽しみながら活用できる攻略法」として人気です。

\ 30ドル貰う /

ハーフストップ法を使ったシミュレーション

ここからは「ハーフストップ法」を実際に使った場合のシミュレーションを紹介します。

他の攻略法と組み合わせて実践できることを確かめるために、

・目標利益に達成するまでは、利益追求型の「グッドマン法との組み合わせ」
・達成した後は、損失回収型の「マーチンゲール法との組み合わせ」

という2つのパターンでシミュレーションします。

このシミュレーションを通じて、ハーフストップ法の特徴や使い方をマスターしましょう!

ハーフストップ法×グッドマン法

それでは利益追求型の「グッドマン法との組み合わせ」でシミュレーションします。

条件は「ルーレット」「赤にベット」「1単位を100円」とします。

①まず「目標利益」を決める。

今回は「+1,000円」の利益を目標にゲームを進めます。

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円勝ち+100円
2回目200円勝ち+300円
3回目300円勝ち+600円
4回目500円負け+100円
5回目100円負け±0円
6回目100円勝ち+100円
7回目200円勝ち+300円
8回目300円勝ち+600円
9回目500円勝ち+1,100円

②目標を達成したら「利益の半分」を使わずに残しておく。

今回は9ゲーム目で、目標利益の「+1,000円」を達成しました。

利益の半分である「500円」を手元に残し、残りの「600円」を使ってゲームを続けます。

ハーフストップ法×マーチンゲール法

目標利益に達成したら、次に損失回収型の「マーチンゲール法との組み合わせ」を実践します。

先ほどの続きなので「600円」が無くなった時点で終了です。

プレイ回数ベット額勝敗収支
10回目100円勝ち+700円
11回目100円勝ち+800円
12回目100円負け+700円
13回目200円負け+500円
14回目400円負け+100円

③「残りの利益」を使ってゲームをし、無くなった時点で終了。

14ゲーム目まで終わって、残りの資金が「100円」となりました。

マーチンゲール法は「勝つまでベット額を倍にする攻略法」ですが、今回はハーフストップ法と組み合わせており「資金が足りずベットできない」ので、ここで終了です。

仮にこのままマーチンゲール法を続けて勝ったとしても大きな利益が出る可能性は低く、もし負けた場合は「大幅に利益が減少」します。

このようにハーフストップ法は「確実に利益を出す」だけではなく「ゲームを止めるタイミングを明確にする」という効果があります。

\ 35ドル /

ハーフストップ法のメリット・デメリット

ハーフストップ法の使い方が分かったところで、メリットとデメリットを紹介します。

ハーフストップ法のメリット

ハーフストップ法のメリットは2つあります。

ルールを守れば必ず利益を出せる!

ハーフストップ法はゲームを止めるタイミングが明確なので、ルールを守ってゲームを進めれば「確実に利益を出すこと」ができます!

これがハーフストップ法の「大きなメリット」です。

しかし、

『あと1回勝てば取り返せる!』
『もう1ゲームだけ続けてみよう!』

などと誘惑に負けると、十分に効果を発揮できません。

ハーフストップ法を上手く使いこなすためにも、しっかりとルールを守りましょう。

全てのゲームで使用できる!

ハーフストップ法は自由度が高く、使い勝手の良い攻略法です。

どんなジャンルのゲームにも活用できるので「好きなゲーム」「得意なゲーム」など、自分の好みに合わせて実践できます!

また他の攻略法と組み合わせることでより一層、カジノを攻略できるようになります!

自分なりの最適な組み合わせを見つけて、稼ぎまくってください!

ハーフストップ法のデメリット

ハーフストップ法のデメリットは2つあります。

「目標利益」に到達する必要がある

ハーフストップ法は前提条件として「目標利益」に到達しなければ実践できません。

そのため、まずは利益を出す必要があります。

ハーフストップ法を活用するなら、

・目標利益を高くしない。
・勝率の高いゲームで勝負する。

などの対策が重要です。

ギャンブルの醍醐味を味わいにくい

シミュレーションからも分かるように、ハーフストップ法はとても堅実な攻略法です。

『1回の勝ちで大きな利益を出したい!』
『一か八かのドキドキする展開が好き!』

という「ギャンブルそのものの特性」が好きな方には向いていません。

そのため自分のプレイスタイルと照らし合わせて、活用できるか考えてください。

ハーフストップ法を効果的に使うコツ

ここまで説明した通りハーフストップ法は「獲得した利益の50%を手元に残すこと」を徹底しているので「確実に利益を出す」特徴があります。

そこでさらにハーフストップ法を効果的に使うコツを紹介します!

ハーフストップ法を「最大の利益時に適用する」

ハーフストップ法をより効果的に使うコツとして「1番の利益を得た時に適用する」というものがあります。

簡単に説明すると「目標利益」を達成してから、さらにゲームを続け大勝利を収めたときにハーフストップ法を適用させます。

先ほどのシミュレーションから連勝した場合で考えてみましょう。

ハーフストップ法×グッドマン法

プレイ回数ベット額勝敗収支
1回目100円勝ち+100円
2回目200円勝ち+300円
3回目300円勝ち+600円
4回目500円負け+100円
5回目100円負け±0円
6回目100円勝ち+100円
7回目200円勝ち+300円
8回目300円勝ち+600円
9回目500円勝ち+1,100円
10回目500円勝ち+1,600円
11回目500円勝ち+2,100円
12回目500円勝ち+2,600円
13回目500円負け+2,100円

まず9ゲーム目で目標利益の「+1,100円」に達成します。

次に「500円」を残して「600円」でゲームを続けますが、グッドマン法を使っているのでベット額は500円です。

そして3連勝しました。

この時の最大利益は「+2,600円」です。

ここでハーフストップ法を適用すると「1,300円」が残り、「1,300円」でゲームを続けられます。

これを繰り返すことによって「利益をより大きく確実にすること」ができます!

ハーフストップ法の「利益のラインを切り替える」

通常のハーフストップ法は「利益の50%を手元に置き、残りの利益でゲームを進める」特徴がありました。

しかし、

『50%の利益は少ない…』
『利益を下げてでも、もっとゲームで遊びたい!』

などと考える方もいるはずです。

そこで試してほしいのが、自分のプレイスタイルや目的に合わせて「利益のラインを設定すること」です。

利益のライン
  • より堅実に利益を出したい方は、手元に残す利益率を70%まで上げる。
  • ゲームを長くプレイしたい方は、手元に残す利益率を30%まで下げる。

このように「利益のラインを自分なりに設定すること」で、さらに楽しくゲームをプレイすることができます!

まとめ:ハーフストップ法で確実に利益を得る!

この記事では「ハーフストップ法をカジノで実践する方法」について解説しました。

ハーフストップ法はシンプルかつ応用が利く攻略法であり、

『利益を確実に出したい!』
『止めるタイミングを逃したくない!』

という方にピッタリの戦略です。

また守りの攻略法なので大きな利益は出しにくいですが、少しずつでも利益を増やしてカジノゲームを楽しんでください!

ハーフストップ法は利益さえ出れば、すぐに実践できるので気軽に試してみましょう!

\ ブリッツモード /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる