ラッキーニッキーに登録するなら今がチャンス!

エルドアカジノはパイザカジノ時代に資金流出事件あり。

エルドアカジノの資金流出事件に迫る

おつかれさま、オンカジブレイカーだ。

2022年も4月半ばだな。

大きな地震があったり、電力供給が追いつかなかったりと、日本では大変な状況が続いているが、みんなは変わらず過ごせているだろうか。

私と言えば、相も変わらず悪事を働くオンカジを徹底的に叩く日々を送っている。

もちろんこれからも、少しでも怪しい部分があるオンカジを見つけたら報告していく。

さて、これから紹介するエルドアカジノ(旧パイザカジノ)は2016年に設立されたパイザカジノが、2020年にリニューアルして誕生したオンカジだ。

主にライブカジノに力を入れており、オンカジ業界ではNO.1となる、14社のライブカジノプロバイダーと提携している。

入出金即時対応、出金額の上限無しなど優良オンカジとして評価されている。

だが、ここだけの話、パイザカジノ時代には炎上事件を起こしたり、様々な面でエルドアカジノのサービスや金銭面の不信感がぬぐい切れない。

実際に現金を使わないプレイヤーに対する扱いが酷すぎるとの声もある。

この記事では、そんな裏の顔が見え隠れするエルドアカジノについて徹底解説する。

エルドアカジノを知らないプレイヤー達は、ぜひ最後まで目を通してくれ。

目次

エルドアカジノは資金が不正流出した前例がある

冒頭で少し触れたが、エルドアカジノは過去に資金不正流出事件で話題になったオンカジだ。

それはまだリニューアル前。

パイザカジノ時代の話。

パイザカジノを楽しんでいたプレイヤー1人のアカウントに不正アクセスがあった。

何も知らないプレイヤーはいつも通りゲームをプレイしようとしたが、なぜかベットができない。

慌てて資金残高を確認してみると、なんと14万円分のビットコイン残高が0になっていたからだ。

どうしたらいいのか分からないプレイヤーは、そのことをカスタマーサポートに問い合わせたが『口座の管理は自分でしてくれ』と冷たくあしらわれてしまった。

ことの経緯は以上だが、この事件には問題点が3つある。

1つ目は、不正にログインされてしまったこと。

リアルマネーをやり取りするオンカジにおいて、不正にログインされることなどあってはいけない。

この事件は「パイザカジノのセキュリティーには問題がある」と、パイザカジノで稼いでいる全てのプレイヤーを震撼させることになった。

2つ目は、カスタマーサポートの対応だ。

不正ログインをされたら、失ったお金を取り戻すのは確かに難しい。

それを相談されたところで、何も力になれないことだってあるだろう。

それでもこの対応には問題がある。

少し大袈裟かもしれないが、オンカジにおいてカスタマーサポートは最後の砦だ。

どうしようもない時に頼れるのは、ここしかない。

それなのに重要な役割であるカスタマーサポートがこの事件のように、プレイヤーを切り捨てるような対応をしたら信頼もくそも無い。

そして3つ目の問題点。

何よりも気になったのが、リニューアルして運営を続けていることだ。

エルドアカジノというブランドに変更というそれらしい理由を述べているが、本当にそれだけだろうか。

サイトを大幅リニューアルし、過去の事件なんてなかったかのような顔で平然と運営をしているのが恐ろしい。

エルドアカジノは第三者機関の監査を受けていない

この見出しだけ見て『エルドアカジノは、ライセンスを2種類も取得しているから安心に決まってる!』と反発するヒトもいるだろう。

確かにエルドアカジノはライセンスを取得している。

それもキュラソーとカナワケの2つだ。

ただ正直に言うと、カナワケは信用できない。

キュラソーもめちゃくちゃ信頼できるわけではない。

そして第三者機関の監査は受けてない。

第三者機関とは「ゲームの確率が操作されていないか」「不正が行われていないか」を常時チェックしている機関のこと。

信頼できるオンカジには必須の存在だ。

しかし残念なことに、エルドアカジノは第三者機関の監査を受けていない。

これも『ゲームプロバイダー自体が監視されているから大丈夫!』とよく言われているが、その根拠はどこにあるのか。

そう言っているアフィリエイトサイトは、万が一不正があった場合に責任を取ってくれるのか。

オンカジブレイカーである私にとって、不正が無いとは言い切れない時点で信頼できないオンカジだ。

それから運営企業にも怪しい点がある。

それは運営企業に関する情報がネット上に無いこと。

現代において、検索して情報が出てこないのは珍しい。

エルドアカジノを紹介しているサイトの中には、企業はフィリピンにあると書いているサイトもあれば、ヴァージン諸島と書いているサイトもある。

これでは一体何が真実なのか分からない。

こうした細かな情報からも信用は失っていく。

そして一度失った信頼は簡単には取り戻せない。

つまり、エルドアカジノはまだ信頼できるレベルじゃない。

エルドアカジノのプロモーションはオンカジ最低レベル

ここまではエルドアカジノの運営やライセンスについて解説してきた。

ここからは一転して、エルドアカジノのボーナスやプロモーションについて紹介しよう。

まずは「VIPプログラム」について。

エルドアカジノの公式サイトには『業界NO.1のVIPプログラム』と書いてあるが実際はどうか。

内容はこんな感じだ。

  • 勝敗関係なく、ベット額に応じて貯まり進呈されるローリングチップ。
  • 月間損失額の一部が戻ってくるキャッシュバック。
  • どちらも出金条件1倍。

熟練のオンカジプレイヤー諸君なら分かるだろう。

そう。

このVIPプログラム、オンカジの中ではごく平均的なサービスだ。

これをオンカジ業界NO.1と言うのには無理がある。

百歩譲って、出金条件が1倍なのはプレイヤーにとって嬉しいポイントだろう。

だが、VIPランクに応じた還元率にも問題がある。

エルドアカジノには全9つのVIPランクがあるが…。

最大ランクにするには「月間入金額が500万円以上、ベット額が5,000万円以上」という、とんでもない基準が設けられている。

これだけ難しい条件だから、さぞかし素晴らしいサービスや還元が受けられることを期待するだろう。

だが恐ろしいことにローリングチップは最大0.8%、キャッシュバックは最大3%…とてもじゃないが高いとは言えない。

実はこの還元率、昔はローリングチップが最大13%、キャッシュバックは10%に設定されていた。

しかし現在はご覧の通り、大幅に減少している。

つまり、エルドアカジノは還元する余裕がないくらい衰退しているということだ。

さらに月間損失額が50万円未満のプレイヤーにはキャッシュバックそのものが無い。

キャッシュバックが発生するのは下記の通り。

キャッシュバック詳細
  • 50~100万円負け:損失額の2%、最大2万円まで
  • 100万円以上負け:損失額の3%、最大50万円まで

エルドアカジノはハイローラー向けのオンカジと呼ばれているが、いくら何でも酷すぎる。

少ない資金でやりくりしているプレイヤーはそっちのけ。

巨額な金をつぎ込んでくれるプレイヤーにだけ手を差し伸べる運営体制。

ここまで目を通してくれたプレイヤー諸君ならもう分かるだろう。

億万長者でもない限り、エルドアカジノのプロモーションは楽しめない。

エルドアカジノの入出金における酷すぎるサービス

続いて、エルドアカジノが強みとしている入出金について解説する。

エルドアカジノの強み…それが公式サイトにも記載されている「入出金即時対応」だ。

『入出金の処理は最短20秒、平均しても2分以内に終わる』という謳い文句で、多くのプレイヤーから注目を集めている。

これが本当なら、かなりのメリットである。

そこで2022年4月14日現在、実際にエルドアカジノで遊んでいるプレイヤーの評判を確認すると…

『ここ最近の入金処理に時間がかかりすぎ。』

『昨日入金申請したのにまだ反映されてないんだけどw』

という声が上がっている。

平均2分と言っていて24時間(1,440分)もかかっている現状だ。

単純計算して平均の720倍も時間がかかっているのだが、そんなことあっていいのか。

あったとしてもプレイヤーが増えすぎたことによる対応の遅れくらいだろ。

それにしても遅すぎる。

しかもこれだけでは終わらない。

エルドアカジノはここ最近、出金を拒否しているとの情報もある。

特に高額だと出金を渋るらしい。

これはエルドアカジノが内部から崩壊してきている可能性がある。

さらに入出金のスピード以外にも問題がある。

それは手数料が高すぎることだ。

人気のあるオンカジはもちろん、現在ではほとんどのオンカジが入出金手数料が無料である時代。

その最中にエルドアカジノだけ異常に高額な手数料を取っている。

クレジットカード(VISA/MasterCard)やスティックペイは入金時にそれぞれ5%と2.5%の手数料が取られる。

銀行振込、仮想通貨、スティックペイは出金時にそれぞれ5%、0.0001BTC、2.5%の手数料がかかる。

パーセンテージだけみれば高く感じないかもしれないが、ここが落とし穴だ。

この手数料、実は上限が無い。

つまり、大金であればあるほど高額な手数料が引かれてしまう。

プレイヤーのお金を手数料で巻き上げる悪徳商法を疑ってしまうくらいだ。

手数料がかからないエコペイズもあるが、頻繁に実施されるメンテナンスで使えなくなることがよくある。

同じくメンテナンスにより、仮想通貨による出金も停止されることが起こっている。

実際に仮想通貨は2022年2月中旬からメンテナンス中で引き出せない。

しかもメンテナンスの終了時期は未定だ。

半ば強制的に入出金方法を狭めているとしか考えられない。

エルドアカジノのやり口は巧妙で汚いと感じても不思議じゃないだろう。

いいか、プレイヤー諸君。

こんなオンカジに登録してはいけない。

絶対にだ。

もし私が大富豪であっても、エルドアカジノにだけは絶対に登録しないだろう。

エルドアカジノはサービス終了間近かもしれない

これまでの説明でエルドアカジノの怪しい部分、不自然な運営について理解できただろう。

そして勘の良いギャンブラーなら気づいたはずだ。

そう、エルドアカジノは限りなくオワコンに近いのである。

その原因としてあげられるのが3つ。

1つ目は、プロモーションの衰退だ。

先ほども説明したが、エルドアカジノのプロモーションはどんどん質が落ちている。

オンカジあるあるだが消えていくオンカジというのは、最初は高額ボーナスで新規プレイヤーを増やすが、徐々にボーナスのクオリティは下がっていく。

なぜなら資金繰りが厳しくなったり、撤退に向けて資金をキープしたりするからだ。

だからプロモーションのクオリティは常に注意しなければならない。

2つ目は、入出金サービスの質が低下していることだ。

これも繰り返しになるがエルドアカジノの売りである入出金即時対応は、現時点で機能しなくなってきている。

どのアフィリエイトサイトよりも頼りになる、現在遊んでいるプレイヤーの声なので信憑性は高い。

入金に時間がかかったり、出金を拒否したりと、今までにない動きをしている。

メンテナンスも多く、使える決済手段が減っているのも気がかりだ。

お金に直結する問題を放ってはおけない。

何か裏で起きているのは間違いないだろう。

3つ目は、ローリスクベットを禁止していることだ。

ローリスクベットとはゲームの結果に関わらず、プレイヤーが損することもなければ得することもないような賭け方のこと。

利益を考えず、ただ単純にゲームを楽しみたいプレイヤーならよくするだろう。

だが、エルドアカジノでは、ローリスクベットは原則禁止されている。

これについては「ローリングチップを荒稼ぎするのを防ぐため」との情報もあるが、ここまで内情が分かってくると、にわかには信じがたい。

純粋に遊ぶプレイヤーなんかよりも、金を使うプレイヤーのことしか考えてない。

あくまで私の予想だが、今まさに、撤退のための資金集めに躍起になっているのではないだろうか。

以上の3つがエルドアカジノのオワコン化がささやかれる原因だが、細かい点であればもっと多くの口コミもあった。

ここでは紹介しきれないので、気になるプレイヤーはこちらから確認してくれ。

エルドアカジノは金を巻き上げる悪質なオンカジである

今回はエルドアカジノ(旧パイザカジノ)について、正直な話をしてきた。

公式サイトの情報だけならライブカジノも多く、入出金のサービスが業界トップクラスの優良オンカジだろう。

しかし、蓋を開けてみれば、現状は懸念すべきことで溢れ返っている。

ハイローラー向けとは謳っているが、それにしても酷いサービスだ。

入出金の不良も多く、一部のプレイヤーからオワコン化を疑われるほどだ。

最初こそ勢いがあり、多くのプレイヤーから注目されていたのかもしれないが、2022年4月時点の動向をみると、おすすめできないオンカジというのは間違いない。

こうした正確な情報が手に入るのも、いつも協力してくれるオンカジプレイヤーたちのおかげだ、本当にありがとう。

これからも私は悪質オンカジと正面からぶつかりあう。

世界中のオンカジプレイヤーが、心から楽しく稼げるように。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる