ラッキーニッキーに登録するなら今がチャンス!

コニベットは入出金に関する問題が多い。登録は避けるほうが無難。

コニベットは入出金が面倒くさい

お疲れ様。オンカジブレイカーだ。

みんなは今日もオンカジを楽しんでいるかな?

ゆっくり世間話でもしたいところだが、さっそく気になるオンカジを紹介しよう。

この記事では日本のアニメなどをパロっているオンカジ「コニベット(Konibet)」の疑惑を暴いていく。

コニベットという名称は可愛らしいが、その印象に惑わされてはいけない。

なぜならコニベットはオンカジにとって、最も重要な入出金で様々な不具合・欠点が見受けられたからだ。

実際にネット上でも、

『入金前に本人確認の書類提出を求められる』

『反映されるのが遅い』

『いちいちパスワードを入力しないと出金できない』

などといった口コミが多数見られる。

本記事では私の体験とプレイヤーの評判を合わせて深掘りし、その真相を徹底的に追求していく。

先に結論を言うと、入出金に関する問題が多いため、コニベットで稼ぐメリットはあまり無いだろう。

それに問題がなくとも、システムが面倒な作りになっていて、ストレスが溜まるというのが正直な感想だ。

目次

コニベットの悪い評判①:クレカで決済する時は本人確認が必要

『さて、コニベットに登録できたし、早速クレカで入金して遊ぼう!』

クレジットカードはオンカジへの入金手段としてはEウォレットと並ぶ快適さを持つ。

そのため、このように意気揚々と、クレカで入金しようとするプレイヤーは多いだろう。

しかし、そんなプレイヤーの出鼻を挫くのが本人確認だ。

コニベットにクレカで入金しようとすると、『KYCのページからクレジットカードの登録を完了させてください』というアラートが表示され、入金することができない。

このKYCは本人確認を意味するのだが、これが何とも面倒くさい。

一般的のオンカジだと、本人確認を求められるタイミングは初めて出金する時だ。

いくつかのオンカジをプレイしたことがある人なら分かるだろう。

本人確認は煩雑以外の何者でもない。

しかもコニベットは単に本人確認書類を提出するだけでなく、特別な認証用書類も添付しなければならない。

どんなオンカジも、初めて遊んだ時の第一印象は今後のプレイに関わる重要な要素の一つ。

それなのに絶対にスムーズに済ませたい初回入金で面倒な手順を踏ませるとは、楽しませるつもりが無いのかと疑ってしまう。

とはいえ本人確認は基本的に1回のみなので、ここさえ乗り切れば出金までスムーズにできるだろう。

コニベットの悪い評判②:入金不要ボーナスのシステムがややこしい

コニベットでは登録のお礼として、20ドルの入金不要ボーナスという太っ腹なサービスがある。

しかも、賭け条件は5倍(100ドル)と優しめに設定されている。

だが、ここに思わぬ落とし穴がある。

それは、出金するには当日の入金記録が必要だが、入金する前に勝利金を出金申請しなければいけないこと。

何を言っているか分からないヒトは多いだろう。

オンカジというのは日本人スタッフがいないせいか、説明がもの凄く下手くそな場合がある。

シンプルに言うと、20ドルで勝つ、出金申請する、当日中に入金するということ。

最低入金額は20ドルだ。

これで入金不要ボーナスを使って得た勝利金(最大200ドル)を出金できる。

だが、ここにも注意すべきことがある。

それはスロットのみにしか使えないことと利用期限が無いこと。

もし誤ってスロット以外をプレイしたら、入金不要ボーナスは速やかに没収される。

それに悪質な行為だと疑われたら口座は閉鎖される。

つまりボーナスを失うどころか、コニベットで遊べなくなってしまう。

さすがにこれは厳しすぎるだろう。

そして利用期限が無いことも非常に厄介。

いつでも使えるからと安心して、しばらく放置して忘れてしまいうっかり入金するとどうなるか。

当然ながら入金不要ボーナスは消滅する。

これを防ぐためには、入金不要ボーナスはすぐに使うこと。

そして勝利金を得たらすぐに出金申請すること。

さらに出金申請した日に賭け条件をクリアすること。

慌ただしくなってしまうが、勝利金を守るためにはこうするしかない。

だが、幸いにも最大ベット額には制限が無いため、100ドルの賭け条件くらい簡単にクリアできるだろう。

コニベットの悪い評判③:出金時に毎回パスワードが必要

コニベットでは出金する時に毎回パスワードを入力しなくてはいけない。

あらかじめ設定しておいたパスワードを入力するだけだが、毎回入力を求められるのは正直面倒すぎる。

『パスワードなんてログインの時だけで勘弁してくれ…』と思う。

だが、これは仕方ないことだろう。

自分の大切な資金を守るためだからな。

もし第三者に不正アクセスされて資金を盗まれたら、戻ってくる可能性は限りなくゼロに近い。

そんな被害を防ぐためにも、面倒だがパスワードは毎回入力するようにしよう。

コニベットの悪い評判④:入金手数料は無料のはずだが…

ネット上でコニベットに関する情報を収集していると、『クレジットカードで想定外の出費を強いられた』というクチコミを目にした。

しかし、コニベットでは全ての入金において手数料は無料だ。

つまり入金で思わぬ出費が発生することは本来あり得ない。

それではなぜこのプレイヤーは想定外の支払いを要求されたのか。

考えられる一つ目の原因は、偶然不利な為替レート時に決済してしまったということ。

これは日頃から為替レートを観察していなければ回避することは難しいため、仕方が無いと割り切れるだろう。

次に考えられる理由は、クレカ側で海外決済事務手数料が発生したということ。

というのも先ほど伝えた全ての入金において手数料が無料は、あくまでもコニベット側の話であることに注意したい。

つまりクレカ側で手数料が発生する可能性があることをプレイヤーは見落としており、そのため予想外の出費を強いられたと誤解した可能性がある。

とはいえクレカ側で入金手数料が発生するとしても、ほとんどのオンカジは入金額の5%以内に収まるよう設定されている。

だが、これはあくまで日本円で決済した場合であり、コニベットは日本円が使えずドル決済にしか対応していない。

その結果、クレカ側で海外決済事務手数料が発生し、入金手数料が上乗せされた。

そして、このプレイヤーは驚くほどの入金手数料を請求されたのだろう。

しかし、このようなトラブルは事前に調べておけば回避することができる。

コニベットに限った話ではないが、日本円に対応していないオンカジにクレカで入金する時は「海外決済事務手数料」がかかると覚えておこう。

コニベットの悪い評判⑤:仮想通貨のレートが低く設定されている

コニベットの良いところはEウォレットやクレカ、仮想通貨など多種多様な決済手段を使える所なのだが、かなり問題が多い。

先ほど挙げたクレカの入金手数料に関するトラブルは氷山の一角であり、実は仮想通貨の決済にも大きな問題がある。

それは入金時の仮想通貨のレートが、一般の取引所よりも不利なレートに設定されているということ。

つまりコニベットに仮想通貨を入金すると損することになる。

『そんなことあるはずない、あってはならない』と思うかもしれないが、実際にコニベットのレートは一般水準よりも低く設定されている。

これでは仮想通貨で入金すればするほど損失を被るため、勝ちにくいどころかほぼ負けてしまうだろう。

ただでさえ価値の変動が激しく扱いにくい仮想通貨なのに、この設定は意味が分からない。

コニベットはきっと仮想通貨で入金してほしくないのだろう。

入金させないために、あえて低レートにしているとしか考えられない。

全くメリットが無い仮想通貨で入金するのは絶対に止めておけ。

そしてこれらの問題が改善されるまで、コニベットで稼ぐのはおすすめしない。

コニベットの悪い評判⑥:悪名高いカンラクチュアリーと姉妹オンカジ

『コニベットはオンカジ「カンラクチュアリー(歓楽聖域)」の姉妹オンカジじゃないか?』という情報がネット上で多数ヒットする。

カンラクチュアリーは2022年2月時点で閉鎖しており、現在は公式サイトにアクセスできない。

つい最近まで営業していたから衝撃的だったが、当時の口コミを検索してみると、『出金できない』『日本語を全然理解してない』といった不満が多数見られたため、カンラクチュアリーにとって閉鎖は不可避な未来だったのだろう。

オープン当初は期待されていたカンラクチュアリーも、蓋を開けてみると悪質なオンカジだったということだ。

そして話を戻すと、今回取り上げているコニベットとカンラクチュアリーには、実際に姉妹オンカジだと確信できる点が数多く存在する。

カンラクチュアリーをプレイしていた人がコニベットで遊ぶと、『あれ?なんかサイトデザイン、カンラクチュアリーっぽくね?』という既視感を覚えるという。

実際に私も登録していたから分かるが、似ているどころか姉妹オンカジだと思った。

その証拠にリベートボーナスやチャット、VIPプログラムなどが完全一致とまではいかずとも、カンラクチュアリーとかなり酷似している。

この件について、コニベットに問い合わせたが返信はない。

それもそのはず。

コニベットとしては、閉鎖した悪質オンカジと姉妹オンカジだなんて口が裂けても言えないだろう。

公表するのはデメリットでしかないからな。

しかし、カンラクチュアリーで遊んでいたプレイヤーなら間違いなく、コニベットに違和感を感じるはず。

だが、『100%姉妹オンカジだ』と言える決定的証拠は無い。

それでも、この説はかなりの信憑性を持って、我々に危険性を訴えかけてくる。

よって無用なトラブルを避けたいなら、コニベットで稼ぐのはおすすめしない。

コニベットはカンラクチュアリーの二の舞を踏む可能性あり

ここまで日本人が馴染みやすいオンカジ「コニベット」について紹介してきた。

コニベットはオープンから3年ほど経っていることもあり、良くも悪くも評価が定まりつつある。

そのため、ネット上でも様々な口コミを確認できたが、入出金に関する指摘が多い印象だ。

今回紹介したのは極一部であり、他にもクレカで入金できなかったり、ヴィーナスポイントの反映が遅いなどの報告も挙がっている。

しかり何よりマズいと感じたのが、仮想通貨のレートが低いことだ。

コニベットが利益を得るためだけにレートを操作するのは到底許し難い行為であり、我々プレイヤーが損する形になっている。

これに気づかずに仮想通貨で入金していたプレイヤーが居ると考えると、とてもいたたまれない気持ちになってしまう。

この件でコニベットの信頼性はガタ落ちしたが、ダメ押しはカンラクチュアリーと姉妹オンカジである可能性が高いという点だ。

先ほども伝えたように、カンラクチュアリーもオープン当初は評判が高かったものの、その後はサイト閉鎖の道を辿った。

コニベットも同じ結末を迎える可能性がないとは断言できないため、遊ぶとしても入金しすぎないようにするのが賢明だろう。

だが、僅かでも疑惑があるコニベットより、他オンカジで稼ぐのをおすすめする。

ここまで知って尚、コニベットが良いと言うなら遠慮なく登録してくれ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる