ラッキーニッキーに登録するなら今がチャンス!

レオベガスの悪い評判。超大手オンカジだからそこまで悪くはない。

オンカジ・レオベガスの悪い評判

お疲れ様。オンカジブレイカーだ。

今回は日本人プレイヤーが多いであろうオンカジ「レオベガス」の評判を紹介する。

レオベガスは2012年にマルタ共和国で誕生して以来、今日に至るまで安定した人気を誇っている。

まず、レオベガスは「キング・オブ・モバイルカジノ」を自称するほどスマホでのプレイに自信を持っており、いつでもどこでも稼げるのが特徴だ。

実際にオンカジに関する数々のアワードを受賞していることから、まさにキングを冠するに相応しいと言えるだろう。

しかし、これはあくまで英語圏の評価であり、日本人の評価は必ずしもこれに一致しない。

日本人プレイヤーからは出金スピードの遅さやサポートの時間に関して不満が上がっている。

海外では名を知らない人は存在しないとまで評される「レオベガス」。

この記事ではそんなレオベガスの日本語版について徹底検証していく。

結論から言うと、『致命的な問題は存在せず、違法性はない。ただし本当に出金が遅く、かつ朝・昼のサポートは期待するな』ということ。

長きにわたりオンカジを運営してきた事実、そしてマルタライセンスを取得していることからレオベガスの合法性を疑う余地は存在しない。

加えてレオベガスの運営会社である「LeoVegas Group AB」はナスダック・ストックホルム証券取引所に上場している企業だ。

当然ながら業績などは事細かに公開されているので、信頼性・透明性も問題ないだろう。

しかし、それでもレオベガスにはいくつかの欠点が確認できる。

これらのデメリットが気にならないなら、安全に稼げるオンカジと認識して良い。

目次

レオベガスの悪い評判①:出金が遅い

多くのプレイヤーが口を揃えているのは、『レオベガスの出金は遅い』ということ。

これだけ長く生き残ってきたオンカジだけに、爆速出金かと思いきやそうでもない。

一体どのくらいの時間を要するのか、公式サイトには次の通り記載されている。

『プレイヤーが本人確認書類を提出していれば、レオベガスはプレイヤーの出金申請を可能な限り、5営業日以内に処理いたします。』

5営業日以内はいくらなんでも遅すぎやしないだろうか?

処理だけで5営業日以内はさすがに遅すぎる。

『レオベガスって週末は休みなの?(笑)全然反応ないし、エコペ出金も反映されない』

ツイッターから分かるように、決済スピードが自慢のEウォレット「エコペイズ」であっても週末を跨ぐと、かなりの時間を要する。

ここ2~3年の最新オンカジは他と差別化するために、出金処理が数分で終わるところが多い。

レオベガスほどアクティブプレイヤーが多いオンカジなら決済部門に人的リソースを割かなくても十分に利益を回収できるのだろうが、このように胡座をかいていると他オンカジに追い越されるのは時間の問題だろう。

とは言え、私が実際に出金してみると10時間ほどで反映された。

遅いと言えば遅いが、これならまだ許せる範囲だ。

他プレイヤーもそこまで遅くないと言っている。

つまり、昨今の最新オンカジの速さに慣れているプレイヤーがレオベガスは遅いと言っているのだろう。

レオベガスの悪い評判②:チャットの対応時間が短い

『えっ、全く出金申請通らないんだけどなんで?』

先ほど解説したように、少々出金が遅いレオベガスではこのように感じるプレイヤーは少なくないだろう。

忍耐力が高ければこのくらい些細なことだが、オンカジに慣れていない初心者は不安になっても仕方ない。

そんな時に頼りたいのがリアルタイムで対応してくれるチャットだが、過去の対応時間は短かった。

レオベガスのチャットは平日18:00から25:00まで。

土日祝は休み。

当然ながらこれには多くのクレームが集まり、年中無休へと変更した。

チャットの対応時間も16:30から25:30までになった。

しかし、多少マシにはなったものの深夜から昼はチャットができない。

プレイヤーは少ないかもしれないが、超大手のレオベガスだからこそ24時間に対応すべきだ。

一度は改善しているという事実を鑑みれば、アピールを続けることで24時間対応になる可能性は高い。

それまではチャットができる時間にプレイするほうが良いだろう。

それから余談だが、メールなら24時間いつでも相談できる。

返事はいつ届くか分からないが…。

レオベガスの姉妹オンカジ

レオベガスはスウェーデンの超一流上場企業というだけあって、レオベガス以外にもいくつかの姉妹オンカジがある。

日本語に対応しているのは「ピクセルベット」と「ロイヤルパンダ」だ。

どちらも「LeoVegas Group AB」のオンカジであり、かつマルタライセンスを取得している点で信頼性はとても高い。

業績が公開される上場企業は株主やメディアからの監視が厳しく、コンプライアンス遵守も徹底されている。

そのため、プレイヤーの瑕疵によらない理不尽な出金拒否などは発生しないと考えて良いだろう。

ただし、ピクセルベットとロイヤルパンダのサービスはレオベガスより劣る。

だからまずはレオベガスで稼ぎ、気分転換がしたくなったらピクセルベットかロイヤルパンダに登録すると良い。

ピクセルベットはファミコンのようなレトロゲーム風オンカジ、ロイヤルパンダは名前から分かる通りパンダが主役のオンカジだ。

どちらも個性溢れるオンカジだから、新鮮味を感じることができるだろう。

まとめ:レオベガスで稼ぐなら出金スピードとサポートに注意

2012年にオープンして以来、オンカジの中でトップを走り続けてきたレオベガス。

運営会社「LeoVegas Group AB」がスウェーデンの上場企業であり、マルタライセンスを取得していることから、人気だけでなくその安全性・信頼性も盤石なものであると言える。

しかし、その一方でオープン当時には不満が上がらなかった出金スピードも、いまや爆速出金が可能な新興オンカジの台頭によって『遅い』という声をよく耳にするようになった。

また、チャットの対応時間は改善が見られるものの、まだ日本人プレイヤーのニーズは満たせていない。

だが、レオベガスなら今後の発展にも期待できるはずだ。

本気で稼ぎたいなら、そこら辺の怪しいオンカジよりレオベガスを断然オススメする。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる