ラッキーニッキーに登録するなら今がチャンス!

カジノシークレットは本当に支持率ナンバーワンの稼げるオンカジなのか?

カジノシークレットは支持率ナンバーワンのオンカジなのか?

おつかれさま、オンカジブレイカーだ。

早速、カジノシークレットという日本でもそこそこ人気があるオンカジを紹介しよう。

カジノシークレットは、2018年7月に設立されたオンカジだ。

歴史自体は浅いが、オンカジに精通した熟練者達が立ち上げただけあり、ライセンスやサポート体制は整っている。

そんなカジノシークレットだが『支持率ナンバーワンのオンラインカジノ』と記載している。

では、果たして本当にそうだろうか?

答えはNOだ。

公式サイトによく目を通してみると『日本人プレイヤーにとって、1番のオンカジになることを目標にしている』との記載があった。

つまり、支持率ナンバーワンのオンカジを目指しているだけだ。

これだと『紛らわしい書き方で新規プレイヤーを獲得しようとしているだけでは?』と疑ってしまう。

ただ実際には賛否分かれる評判が多く、遊んでみる価値はあるオンカジだと言われている。

この記事では、カジノシークレットの2022年2月1日時点での情報について、嘘偽りなく正直に解説していこう。

ただ褒めるだけの記事じゃないので、予め覚悟して読んで頂ければ幸いだ。

目次

カジノシークレットには日本人を魅了するほどの特徴はあるのか?

冒頭で支持率ナンバーワンのオンカジを目指していると伝えたが、実際にはどのようなオンカジなのか、特徴を簡単に説明しよう。

まずは安全に遊べるかだ。

これはオンカジで遊ぶプレイヤーにとって最も大事なことだろう。

これに関しては後ほども解説するが、カジノシークレットはキュラソー政府発行のライセンスを取得している。

だから安全面に関しては、まあ問題ないと言ってもいいだろう。

続いてゲーム数だが、およそ2,000種類とのこと。

普段から様々なオンカジで遊ぶプレイヤーなら分かると思うが、正直言ってかなり少ない。

いや、少ないと言うのは語弊があるかもしれないが、オンカジの中では少ない部類だ。

ただし他オンカジと圧倒的に違う点が1つある。

それは大手ゲームプロバイダーのEvolutionGaming社とコラボしている「CASINOSECRET CLUB」というカジノシークレット専用のライブカジノがあること。

このカジノシークレットクラブは人気ライブカジノである「ブラックジャック」や「バカラ」を快適に遊ぶことができる。

この点は、ライブカジノが好きなプレイヤーに支持されてもおかしくないな。

またプロモーションやボーナスが豊富なのも見逃せない。

日本人プレイヤー向けのプロモーションを毎日開催していて「スロット/ライブカジノ/キャッシュバック/入金ボーナス/フリースピン/トーナメント」など、全てを網羅し、全てのプレイヤーが満足できる内容になっている。

2022年2月1日時点のプロモーションは下記の通りだ。

  • 日替わりで選べる「プロモーション」
  • 出金条件がない「入金ボーナス」
  • 様々な条件に分かれている「トーナメント」
  • 突如としてボーナスが届く「マッチボーナス」

名前だけ見ればお得そうにも感じるが、まだ信用してはいけない。

ここからは、それぞれのサービス内容について解説していく。

しっかりと自分の目でチェックし『本当にお得なのか?』を判断してくれ。

カジノシークレットのボーナスは稼げるのか?

オンカジのゲームが楽しいのは当たり前。

だが、それだけでなく、より楽しむためのプロモーションはとても大切だ。

カジノシークレットではプレイヤーが楽しめるプロモーションを毎日開催している。

しかし『参加条件が面倒くさそう』『参加費用がいるのでは?』と感じるヒトもいるだろう。

ここからはそんな日替わりプロモーションについて解説していく。

カジノシークレットのプロモーションは、本当に稼げるのかの判断材料にしてくれ。

月曜からテンションぶち上げの月曜GOGOGO

月曜GOGOGOは、毎週月曜日に開催しているプロモーション。

参加条件は月曜日に50ドル以上入金し、対象スロットで50スピン以上遊ぶこと。

そこまで難しい条件ではなさそうだな。

条件をクリアすると、ゲームの勝敗に関係なく、ベット額の50%(最大50ドル)がキャッシュバックされる。

ようするに100ドル入金して50回スピンするだけで、マックスボーナスを獲得できるということ。

なかなか良いじゃないか。

毎週とはいかないが、資金に余裕があるなら積極的に参加しても良いプロモーションだろう。

空からお金が落ちてくる火曜キャッシュドロップ

火曜日のキャッシュドロップは対象スロットで0.2ドル以上を使うだけで、総額2,000ドルが抽選で100人に当たるプロモーション。

参加条件はかなり簡単だが、総額2,000ドルが100人に当たるというのは何とも分かりにくい説明だな。

あまりにも大雑把なので、2,000ドルの分配方法を解説しよう。

賞金当選人数
200ドル1人
100ドル1人
75ドル1人
50ドル2人
25ドル5人
20ドル50人
10ドル40人

なるほどな。

どうやら賞金は10∼200ドルの間で当たるらしい。

0.2ドルで賞金獲得のチャンスがあるなら、どちらにしてもお得なのは間違いないだろう。

参加条件が楽なのを加味すると、このプロモーションは初心者でも気軽に参加できる。

悪くないボーナスとしか言いようがないな。

この日だけは狂って狂って狂いまくれ。水曜クレイジーボーナス

水曜クレイジーボーナスはEvolutionGaming社のライブカジノ「クレイジータイム(CRAZY TIME)」で遊ぶと賞金を獲得できるチャンスがあるプロモーション。

『チャンスってどういうことだよ。』って思うよな。

これはクレイジータイムの「ボーナスゲームスポット」と言われている「コインフリップ(COIN FLIP)」「キャッシュハント(CASH HUNT)」「パチンコ(Pachinko)」「クレイジータイム(CRAZY TIME)」のどれか1つにベットして勝つと、勝った金額と同じボーナスが貰えるということだ。

ただしボーナスは最大でも10ドルまで。

勝利金額が一番高いプレイヤーはおまけで250ドルが貰えるそうだが、1位になるのは現実的ではないだろう。

ライブカジノ好きにオススメとあるが、バカラやブラックジャックみたいに有名なゲームじゃないし、勝たないと貰えないのなら、正直そんなに魅力は感じない。

上手く活用できる凄腕ギャンブラーだけ参加するといいだろう。

心臓が破裂するほどドキドキワクワクが止まらない、木曜サプライズ

木曜サプライズは合計25,000回分のフリースピン山分けと、抽選で1人に1,000ドルのキャッシュバックを進呈しているプロモーションだ。

参加条件は毎週水曜8時から翌週水曜7時59分までに、25ドル以上入金して遊ぶだけ。

フリースピンの山分けは「10回/20回/30回/40回/50回」の中からランダムで獲得できる。

しかし抽選で1人しか当たらないキャッシュバックは、当たる確率はゼロに等しいだろう。

つまりこのプロモーションのためだけに入金するのは得策ではない。

25ドル以上入金した時に、ついでに申請しておくといい。

負けることを恐れるな、もし負けても返金される金曜初賭けバカラ

金曜初賭けバカラは、カジノシークレットクラブのスピードバカラで負けた時だけ恩恵を受けられるプロモーション。

ようは負けた金額の一部が返金されるってことだ。

初賭けと言っているように、初戦のベットしか対象にならない。

そして返金される金額は最大10ドルまで。

少なすぎる。

カジノシークレットはケチだ。

そもそも勝ったら何も貰えない。

金曜日はボーナスが無いということになる。

ダントツで残念なプロモーションと言えるだろう。

ただスピードバカラ自体は『バカラは好きだけど、スピードバカラはやったことがない』というプレイヤーなら試してみるのも良いだろう。

もし挑戦する時は最低5ドル以上を賭けること。

そうしないと返金されないからな。

土曜と見せかけて日曜にフリースピンが貰える土曜フリースピン

土曜フリースピンは、土曜日に50ドル以上を入金すれば対象ゲームのフリースピン30回分を獲得できるプロモーションだ。

貰えるのは翌日の日曜日。

そして対象のゲームは面倒なことにプロモーションページを見る必要がある。

土曜のプロモーションなのに、どうして日曜に進呈するのか意味が分からない。

これでは土曜はプロモーションが無いのと同じだ。

ジャパンルーレットで遊ばせるための日曜初賭けルーレット

日曜初賭けルーレットは名前の通り、ルーレットが対象のプロモーション。

内容は金曜初賭けバカラのルーレットバージョン。

説明することはほとんどないが、一応解説しよう。

対象ゲームはEvolutionGaming社からリリースされているジャパニーズルーレット。

初回ベットで勝てなかった時に、最大10ドルまでが返金される。

勝てば軍資金が倍になるし、負けても10ドルまで返ってくる。

最適なベット額は言うまでもなく10ドル。

ジャパニーズルーレットは、日本語でチャットができる珍しいライブカジノだから、遊んでみるのも悪くない。

残念なことにカジノシークレットには初回入金ボーナスが無い

ここではカジノシークレットの初回入金ボーナスについて解説する。

ほとんどのオンカジで当たり前のようにある初回入金ボーナスだが、カジノシークレットには無い。

その代わり、初回入金キャッシュバックというプロモーションがある。

これは初回の入金で負けたらキャッシュバックされるという意味だ。

つまり負けなければ意味がない。

金曜や日曜と同じプロモーションだな。

ただこのボーナスにも良いところがある。

それは出金条件が無いこと。

もう一度言おう、出金条件が無いのである。

つまりキャッシュバックされたら、すぐ出金できるのだ。

ちなみに出金条件とは、オンカジから貰ったボーナスやキャッシュバックを出金するための条件のこと。

もしボーナスが30ドルで出金条件が30倍だったら、出金するために900ドルのベットが必要ということだ。

この出金条件または賭け条件と言うが、かなり鬼畜だから覚えておくといい。

それじゃもう少し、初回入金キャッシュバックについて解説する。

カジノシークレットの初回入金キャッシュバックは出金条件が0倍

さて初回入金キャッシュバックだが、さっきも言った通り出金条件が無い。

一般的にどんなオンカジであれ、ほぼ全てのボーナスには出金条件や禁止ゲームなどが定められている。

だがカジノシークレットの初回入金キャッシュバックには「出金条件」も「禁止ゲーム」も無い。

つまり受け取った瞬間に引き出しが可能。

こんなプロモーションは滅多に存在しない。

かなりレアなプロモーションと言えるだろう。

ただ忘れないでほしい。

負けなければ貰えないのだ。

大した金額じゃなくても、勝ったら貰えないのである。

これはプレイヤーを歓迎するプロモーションと言えるだろうか?

遠まわしにプレイヤーに負けてね!と言っているように聞こえる。

まあこんなプロモーションは気にせず、勝てばいいだけだが。

それじゃ具体的な内容を解説しよう。

初めて入金して負けた場合に限り、初回入金額の50%、最大500ドルまでを現金でキャッシュバックしてくれる。

例えば初回に10万円を入金し、残高が0円になったとしても5万円は返ってくるということ。

これが500ドル、日本円で約57,000円まで。

何度も言うが、勝ったら意味が無い。

出金条件が無くても、勝ったら無意味だ。

次に初回入金キャッシュバックの注意点を紹介する。

初回入金キャッシュバックの注意点
  • 有効期限は初回入金完了後から30日間
  • ベット額に制限がある(スロットは最大5ドル、テーブルゲームは最大25ドル)
  • 初回入金額が残っている状態で、追加の入金をしてはいけない
  • 初回入金額が残っている状態で「出金申請/出金」をしてはいけない

これらを破ってしまうと、キャッシュバックは獲得できない。

絶対に注意すること。

ただこの程度の条件はぶっちゃけ大したことはない。

これくらい守れないようじゃオンカジの養分になるだけだ。

負けないと貰えない残念なインスタントキャッシュバック

これも初回入金キャッシュバックと同じボーナスだ。

何が違うのかと言うと、2回目以降の入金で負けたら貰えるキャッシュバックということ。

さっきのは初回入金限定のキャッシュバック。

インスタントキャッシュバックは2回目以降の入金全てに該当するキャッシュバック。

当然の如く、出金条件は0倍。

ただし対象ゲームが決まっている。

全てのゲームが対象じゃないのは残念で仕方がない。

それでもスロットなら1スピン、ライブカジノなら1ラウンドで負けた金額の一部が自動的にキャッシュバックされる。

そして日ごと、週ごと、月ごとに限度額が設定されているのだが、詳細は非公開。

一応、公式サイトには最大500ドルまでと記載されているが、日なのか週なのか月なのかは分からない。

どちらにしろ、負けないと貰えないボーナスに意味は無い。

誰だって負けたくないからな。

勝つために、金を稼ぐために、オンカジで遊ぶ。

負けた時の保険になるかもしれないが、お金を失っていることには変わりない。

ただオンカジに慣れていない初心者には、カジノシークレットが合っているかもしれない。

凄腕ギャンブラーやハイローラーには微妙なオンカジだろう。

カジノシークレットの日本人限定トーナメントは稼げるのか?

カジノシークレットには、日本人限定トーナメントが多く開催されている。

オンカジというのは基本的に自分1人で楽しむものだ。

だが、カジノシークレットでは不特定多数の日本人プレイヤーと競いながら、賞金を獲得できるトーナメントが存在している。

トーナメント自体はよくあるし珍しくないものだが、日本人のみならず世界中のプレイヤーが参加しているから、入賞するのはとても難しい。

その点で言えば、カジノシークレットのトーナメントは日本人だけしか参加しないから、上位に入賞できる確率は高い。

すなわち賞金も獲得しやすいと言える。

トーナメントの種類は下記の4種類。

カジノシークレットのトーナメント
  • 対象ゲームでどれだけ連続して勝てたかを競う「最長連続勝利」
  • 1回における最高勝利額を競う「最高勝利額」
  • ゲーム勝ち負けは関係なしに、どれだけお金を使ったかを競う「最大ベット額」
  • 対象期間中に最も勝利金を上げたプレイヤーを競う「合計最高勝利額」

1日限定のものがあれば、1ヶ月続くものもあり、随時追加されているので要チェックだ。

こうしたオンカジのトーナメントはハイローラーに有利なものが多いが、カジノシークレットには初心者でも勝ちやすいものがある。

それから真の凄腕ギャンブラーだけが参加できるVIP限定トーナメントもあるぞ。

カジノシークレットをぶっ潰せる自信があるギャンブラーは遠慮なく参加してくれ。

カジノシークレットのマッチボーナスはいつ貰えるのか?

あまり聞きなれないマッチボーナスについて、簡単に解説する。

マッチボーナスは全プレイヤーを対象とした不定期にボーナスを配るプロモーションだ。

ボーナス額は10∼300ドル。

ボーナスが付与されたら、メールかSMSで「〇〇ドル分のマッチボーナスが進呈されました。」とお知らせがくる。

ここまでだと素晴らしいプロモーションだと思うかもしれないが、実はそうでもない。

マッチボーナスを使用するためには面倒な条件が3つある。

面倒な条件①:マッチボーナスを使うためには入金が必要

そのままの意味だ。

マッチボーナスは特に何もせずに急に貰えるが、使うためにはなぜか入金しなくてはならない。

突然受け取ったボーナスだが、使いたかったら入金しろというのは少々強引だな。

具体的には付与されたボーナスの50%以上の入金が必要になる。

例えば50ドルが付与されたら、25ドル以上を入金しなくてはならない。

ただし、付与された時点でアカウントの残高に現金が25ドル以上ある場合は、その必要がない。

少し分かりづらいが、ボーナスの50%以上の現金があるなら入金しなくてもいいということだ。

50%以下しかなかったら入金するしかない。

こんな入出金の手間を考えると、こんなボーナスは無くて良い気がする。

面倒な条件②:マッチボーナスは現金と同時に消費される

2つ目はマッチボーナスは現金と共に消費されていくということだ。

通常オンカジのボーナスは「現金から消費される」か「ボーナスから消費される」の2パターンに分かれているが、マッチボーナスは違う。

マッチボーナスを使ったベットでは、なぜか現金とボーナスが半分ずつ消費される。

現金残高20ドル、マッチボーナス10ドルがある場合で説明しよう。

ベット額が10ドルでマッチボーナスを利用すると現金から5ドル、マッチボーナスから5ドルの計10ドルが使われるということだ。

もしベット額が30ドルのゲームをプレイしたらどうなるか?

現金から15ドルは出せるが、マッチボーナスは10ドルしかない。

この場合、悲しいことにマッチボーナスを使うことができない。

マッチボーナスを使いたかったら、ベット額はマッチボーナスの残高以内に収める必要がある。

足りなくても使わせろと言いたい。

面倒な条件③:出金条件があるし、使えるゲームが決まっている

カジノシークレットのボーナスは基本的に出金条件は1倍になっている。

マッチボーナスもこの通りなのだが、どういうわけか現金の出金条件は5倍というふざけた仕様だ。

ようするに入金してしまったら最後、入金額の5倍をベットするまで出金できなくなる。

具体例を挙げよう。

40ドルのマッチボーナスが付与され、20ドル入金した場合だ。

マッチボーナスの出金には40ドルを使うだけ。

ただ、現金20ドルを出金するためには5倍の100ドルをベットしなくてはいけない。

なぜこんなふざけた仕様なのか、文句を言いたいくらいだ。

これに対応するには常に150ドル入金しておくしかないな。

もしくはマッチボーナスは使わないほうがいい。

プレイヤーが不利としか思えない。

カジノシークレットで荒稼ぎしてほしいゲーム

それじゃ凄腕ギャンブラーや真のギャンブラーにプレイしてほしいゲームを紹介する。

得意苦手な分野はあると思うが、勝って勝って勝ちまくって、どうにかカジノシークレットを倒してほしい。

ジャパニーズルーレット

ジャパニーズルーレットは、オンカジでは珍しい日本語でディーラーと会話できるライブカジノだ。

まるで日本にランドカジノがあるような雰囲気が味わえるし、英語な苦手なギャンブラーにうってつけだ。

ルールは通常のルーレットと同じで、ボールが入る数字を予想して賭けるだけ。

凄腕ギャンブラーには不要だと思うが、攻略法を使えばさらに勝率を高められるかもしれない。

ハワイアンドリーム

ハワイアンドリームは、日本特有のパチスロに似ている。

縦3列×横3列のシンプルな構造で、当たり外れが一目で分かる。

初心者でも遊びやすく、多くの日本人が養分になっている大人気スロットだ。

こんなスロットを作って日本人を取り込むとは本当にいやらしい。

ただ認めたくはないが、よくできている。

ボナンザ

ボナンザは古くからオンカジにおいて、爆発力があるビデオスロットとして名高いゲームだ。

現在までに高額配当を得たプレイヤーが続出しており、何と言っても一攫千金を狙えるのは、全てのギャンブラーの夢だろう。

ただし、還元率は95.98%と低め。

高額当選を狙いやすい分、通常のスピンでは勝ちにくい部分は否めない。

だが真のギャンブラーなら、きっとこのボナンザで大金を荒稼ぎしてくれると信じている。

カジノシークレットを潰すための登録方法

カジノシークレットを潰すためには、まず登録しなくてはならない。

凄腕ギャンブラーに説明するのは失礼かもしれないが、オンカジで遊んだことがない凄腕ギャンブラーがいたら参考にしてくれ。

登録方法
  • 公式サイト右上の「ここから登録」をタップする。
  • 「メールアドレス/パスワード/携帯番号」を入力し「次へ進む」をタップする。
  • 「氏名/郵便番号/住所/通貨/生年月日/性別」を入力する。
  • 「利用規約とプライバシーポリシーに同意する」にチェックを入れて「アカウントを登録」をタップする。
  • SMSに届いた「アカウント有効コード」を入力して「アカウントを有効にする」をタップして完了。

養分にされている日本人プレイヤーを救うためには、凄腕ギャンブラーの力が必要だ。

だから登録が済んだら、少しでも多くの金をカジノシークレットから稼いでくれ。

カジノシークレットを潰すための入金方法

2022年2月1日現在で、カジノシークレットが対応している入金方法は下記7種類だ。

入金方法入金額手数料
クレジットカード20~2,000ドル500ドル以上は無料。
500ドル未満は1.7%(上限5ドル)
AMERICAN EXPRESS20~600ドル500ドル以上は無料。
500ドル未満は1.7%(上限5ドル)
銀行送金(J-Pay)25~10,000ドル500ドル以上は無料。
500ドル未満は1.7%(上限5ドル)
エコペイズ
ヴィーナスポイント
マッチベター
20~10,000ドル無料
アイウォレット20~5,000ドル無料

このように決済手段は多数あるが、どう考えても電子決済が優れている。

特別な理由がない限り、電子決済一択だろう。

入金の仕方

入金方法は確認できたか?

次は入金の仕方を解説する。

普段からパソコンやスマホを扱っているヒトからしたら、こんなものは楽勝だろう。

入金の仕方
  1. 画面上部の「入金」をタップする。
  2. 入金方法を選ぶ。
  3. 決済情報と入金額を入力して「入金」をタップする。

たったこれだけで入金できる。

タッチ決済できたらもっと楽なんだが、さすがにまだ対応はしていない。

カジノシークレットから荒稼ぎしたあとの出金方法

2022年2月1日現在のカジノシークレットが対応している出金方法は下記5種類だ。

出金方法出金額手数料出金時間
銀行送金(J-Pay)100∼10,000ドル
(1ヶ月最大50,000ドルまで)
無料出金処理後、翌営業日から5営業日以内
エコペイズ
ヴィーナスポイント
マッチベター
20∼10,000ドル
(1ヶ月最大50,000ドルまで)
無料24時間以内
アイウォレット20∼5,000ドル
(1ヶ月最大20,000ドルまで)
無料24時間以内

銀行送金は時間がかかりすぎる。

アイウォレットは出金上限が低い。

やはり電子決済が一番優れていることになる。

そして出金は直近の入金方法でしか出金できないというルールがある。

お金を守るためには仕方ないことかもしれないが、面倒なルールだ。

出金の仕方

入金と同じで簡単だ。

そもそも入金できたプレイヤーなら出金も楽勝だろう。

荒稼ぎしたら遠慮なく出金申請してくれ。

出金の仕方
  1. 画面上部の「入金」をタップする。
  2. 「出金」を選択し、出金方法を選ぶ。
  3. 決済情報と出金額を入力して「出金」をタップする。

あとは無事に出金されるまで待つだけだ。

数日待っても出金されなかったら、めちゃくちゃ文句を言ってやろう。

現金を守るための本人確認

先に出金方法を説明しておいて何だが、出金するためには本人確認が必要だ。

カジノシークレットの場合は、初回出金時に身元確認書類の提出及びアカウントの承認をしなければならない。

ではまず必要な身元確認書類について解説する。

必要書類
  • 身分証明書類
  • 住所証明書類
  • クレジットカード証明書類

身分証明書類

身分証明書類は、プレイヤーの身分を確認するための書類だ。

免許証といった顔写真が付いている書類しか認められない。

具体的には下記の書類だ。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 外国人登録証

これらの書類は全てカラー表示で、氏名、住所、有効期限が写っていること。

見落としがあると、何度も再提出を求められて面倒なことになるから気を付けてくれ。

住所証明書類

住所証明書類は、そのままの意味で住所を確認するための書類。

正直、身分証明書類に記載されているから必要ないと思うが、カジノシークレットが欲しがっている以上は提出せざるを得ない。

注意点は過去3ヶ月以内に発行された書類だけ提出できること。

使える書類は下記の通りだ。

  • プレイヤー名義の公共料金請求書
  • クレジットカードの利用明細書
  • 住民票

身分証明書類と同様、書類に不備が無いか必ずチェックすること。

クレジットカード証明書類

この書類は、クレジットカードを使って入金した場合に必要になる。

つまりクレジットカードを使わなければ省略できる。

はっきり言おう。

クレジットカードでは入金するな。

入金できないことがあるし、カードが利用停止になる可能性もある。

一番楽に入金できるのは明らかだが、使うべきではない。

しかし一応、提出時の注意点を教えておこう。

注意点
  • 表裏両面の画像が必要
  • カード番号の最初6桁、最後4桁以外の番号は隠す
  • 裏面のCVV/CVCコードも隠す
  • 裏面にサインする

番号を隠す時にやってはいけないこと、それはアプリでの加工だ。

加工するのではなく、厚紙や透けない紙などで、その部分だけを隠すのが鉄則である。

それから裏面のサインも絶対に忘れないように。

だがサインをしないヒトなんて存在するのか?

とにかく全ての書類を用意したら、カジノシークレットに叩き出してくれ。

後は審査が終わるまで待とう。

これも何日も待たされたら文句を言っていい。

文句を言う時に活用したいカジノシークレットの日本語サポート

オンカジで遊ぶ上で、最も重要な要素の1つが日本語対応だろう。

日本語に対応していなかったら、英語やドイツ語など他言語を使うハメになるからな。

そんなのは絶対にお断りだ。

日本人として生まれ、日本人として生きてきた私たちはオンカジだろうと日本語で遊ぶ権利がある。

日本語に対応していないオンカジは論外だ。

だが安心してほしい。

カジノシークレットは日本語に対応している。

しかも年中無休の完全日本語対応だ。

『そんなの当たり前だろ』と思うかもしれないが、実はほとんどのオンカジは日本語対応が曖昧だ。

日本語対応と言っておきながら、下手くそな日本語で返答されることはよくある。

我々日本人を舐めているとしか思えない。

散々、日本人から搾取しているというのに、ふざけた話だ。

その点、認めたくないがカジノシークレットの完全日本語対応は褒めざるを得ない。

文句がある時はいつでもメールかチャットを活用してくれ。

カジノシークレットの評判を知ったところで当てにならない

どうやらカジノシークレットの評判を知りたがっている日本人が大勢いるようだ。

評判を知ってどうなる?

嘘か本当か分からないのに信用できるのか?

口コミや評判なんて現在はやらせか嫌がらせしかない。

まともな評価なんかこの世に存在しないぞ。

信用できるのは己のみ。

実際に体験しないと分からないことだらけだ。

それでもどうしても知りたくなるのはヒトの性か。

良い評判

『毎日やってるプロモーションがいいね、カジノシークレット。ボーナスの出金条件がめっちゃ緩いからついつい使っちゃうわ。』

『インスタントキャッシュバック考えた人天才すぎww 戻ってくる額もそれなりだし、何と言ってもあれこれ条件がつかないのが素晴らしい。今一番勢いがあるオンラインカジノは絶対にカジノシークレット。』

『ボーナスが本当に現金で溜まっていくので、どのオンカジよりもお得だと思います。』

『サポートがとても丁寧で親切です。100%オススメします。』

悪い評判

『毎日高額配当獲得者の通知がSMSで届くのが鬱陶しい。』

『非通知で電話来たと思ったらカジノシークレットのボーナス案内電話だった。電話来るのは聞いてない。』

『ログインできなかったり、回線が重くてゲームが落ちたり、ちょいちょいエラーが多い。その他は特に不満はない。』

カジノシークレットは日本での運営歴が長く、大勢の日本人が遊んでいるオンカジだ。

当然ながら口コミや評判も多い。

もっと知りたいヒトはツイッターで検索すると良いだろう。

カジノシークレットがやばいという評判の真相は?

カジノシークレットはやばいという噂がある。

良い意味でやばいのか?

それとも悪い意味でやばいのか?

結論から言おう。

悪い意味でやばい。

何がやばいのかと言うと、

出金が遅い。

入金した現金は5倍を賭けなければ出金できない。

いきなりアカウントが凍結される可能性がある。

カジノシークレットから非通知で電話がかかってくる。

本人確認の時間が長い。

チャットの対応が悪い。

ゲームがカクカクして重い。

出金拒否される。

などだ。

これが全て真実だとしたら本当に酷いオンカジだろう。

というより酷すぎる。

ここまで酷いオンカジは滅多にないぞ。

ただこの評判は真実とは限らない。

負けた腹いせに嫌がらせしているだけかもしれない。

実際にやばい思いをしたプレイヤーもいるかもしれない。

しかしどちらにしろ、これだけやばい評判があるということは純粋にやばいのだろう。

間違っても素人は遊んではいけないオンカジだ。

カジノシークレットに挑めるのは凄腕ギャンブラーだけ。

ザコはカジノシークレットの養分になるだけだから絶対に手を出さないように。

それじゃいつも読んでくれる友たちよ、ありがとう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる