ラッキーニッキーに登録するなら今がチャンス!

プレイアモは超大金持ち専用オンカジ。一般人は勝てない稼げない。

プレイアモは超大金持ち専用オンカジ。一般人は勝てない稼げない

おつかれさま。

オンカジを心から楽しみたいプレイヤーのため、日々情報を集めているオンカジブレイカーだ。

今回は海外での実績はあるが、日本での評判が謎に包まれているプレイアモについて紹介していく。

プレイアモは2016年に設立されたオンカジだが、日本版がリリースされたのは2020年。

知らないプレイヤーが多く、知名度は低い。

プレイアモについて解説しているサイトもあるが、俗に言うアフィリエイター達が運営しているせいで、良い部分しか分からないという現状だ。

だが安心してくれ。

ここからは数多くのオンカジで遊んでいる私が、プレイアモについて正直な評価を下していく。

もし興味があっても無くても、必ず最後まで目を通してくれ。

目次

プレイアモは業界トップのオンカジなのか?

プレイアモは公式サイトにて『業界トップのオンラインカジノ』と自負している。

だがこの言葉は、トップページに大々的に書かれている訳ではなく、ひっそりと記載されている。

明らかに自信の無さが表れているな。

もし心からNO.1である自信があれば、公式サイトの一番上にデカデカと書くのが普通じゃないか?

そう思った私は、プレイアモの強みについて調査を開始した。

まず、このオンカジの強みは何か?

調べていくと下記のような記載があった。

『 PlayAmoは、ある1点で優れているカジノではなく、膨大なゲーム数、多彩な決済方法、サイトの使いやすさなど、あらゆる面でお客様のニーズに応えられるよう注力しました。』

ほう。なるほどな。

ではプレイアモの運営が訴える、これらの強みについて見てみよう。

最初に膨大なゲーム数についてだ。

プレイアモのゲーム数は、2022年4月現在で3,500種類以上を誇っている。

これだけなら遊ぶゲームに困ることは無さそうだし、まぁ悪くは無いだろう。

そう思った矢先、私は目を疑った。

これまたひっそりと書かれている謳い文句に『業界でも最多のゲーム数を誇る』とあった。

おいおい、プレイアモ。

しれっと嘘を付くじゃないか。

近年のオンカジ業界では、ゲーム数が3,500種類以上なのは平均的。

業界で最多のゲーム数を誇るのは、あのフロイド・メイウェザーが公式アンバサダーを務めるベットランクだ。

ゲーム数は驚異の8,000種類以上。

ベットランクの半分以下では業界最多は名乗れないだろう。

次に決済方法についてだ。

プレイアモはクレジットカードや電子決済、仮想通貨と幅広く対応している。

多彩かどうかで言えば、多彩の分類には一応入るだろう。

プレイヤーをスムーズに遊ばせるための最低ラインは整っていると言える。

だが少し調べてみると、クレジットカードの入金にかかる手数料が異常だ。

確かに手数料を取っているオンカジはそこそこある。

では、プレイアモの手数料はいくらかかるのか?

答えは「手数料2.5%+海外決済事務手数料」だ。

聞きなれない言葉が出てきたが、この海外決済事務手数料がとてもやっかい。

プレイアモでクレジットカードを使うと海外加盟店での利用扱いになる。

つまり通常の手数料2.5%とは別に手数料がかかる。

この手数料はクレジットカード会社によって異なるが、平均2~7%程度だ。

つまり最悪の場合、入金額の10%が手数料として引かれる。

いくらなんでも高すぎだろう。

全くもって業界トップとはかけ離れている。

それに日本からだとクレジットカードは使い勝手が悪い。

入金できないことがあるし、日本発行のカードだと凍結される恐れがあるからな。

だからクレジットカードは使うべきではない。

もうトップでないことは分かっているが、最後にサイトの使いやすさについても見てみよう。

プレイアモは次の2つを強みだと言っている。

強み
  • パソコンとスマホの両方で快適に操作が出来るようにしていること
  • 直感的な操作が可能なプラットフォーム

もうやめてくれ。

当たり前のことじゃないか?

このインターネットが普及しまくっている現在において、スマホに対応していなかったらゴミだ。

ましてやオンラインを名乗っているからな。

スマホに対応していて当然の事を自慢しているのがダサい。

まとめるとプレイアモ自身が主張している項目は、どれをとってもプレイヤーに喜ばれる内容とは言えない。

これで業界トップを自負するのだから、井の中の蛙だな。

散々な内容のプレイアモだが、唯一褒める点があるとすれば日本円が使えることくらい。

海外の通貨になると金銭感覚が狂う日本人は多いだろう。

その点で言えば、プレイアモなら『ちょっと使いすぎかも…』と自分を省みることができる。

だが、そこを強みとしていない時点で分かる。

プレイアモは世間知らずで、日本人プレイヤーと感覚がズレているオンカジということが。

プレイアモのボーナスは金額が低すぎる

ここからはプレイアモのボーナスについて触れていこう。

度々申し訳ないが、プレイアモの公式サイトには『お客様に満足いただけるよう様々なボーナスやプロモーションもご用意。』との記載がある。

だが、もう発言に信憑性はない。

公式サイトに書いてあることを信用するのは危険だ。

まずは初回入金ボーナス。

プレイアモの初回入金ボーナスは入金額の100%、最大12,000円+100回分のフリースピンが貰えるという内容だ。

入金額の100%は悪くない。

だが最大額が12,000円なのは、一般的なオンカジと比較すると少なすぎる。

『お前らはこれで満足するだろ?』と思っているのなら、我々プレイヤーを見下してるにも程がある。

次に2回目の入金ボーナスだが入金額の50%、最大24,000円のボーナス+50回分のフリースピンが用意されてるが、これもお得とはかけ離れている。

オンカジ歴が長い私から言わせてもらうと、これは『満足させる』というワードを使い、右も左も分からない初心者プレイヤーを食い物にしているも同然だ。

その証拠が、プレイアモはボーナスの出金条件を50倍に設定していることにある。

いいか?50倍だぞ?

初回入金ボーナスを満額で獲得した時の出金条件は、12,000円×50倍=600,000円が必要。

60万円ぐらいポンッと出せる富豪ならいいが、そんな金持ちプレイヤーはほとんどいないだろう。

それと有効期限内にクリアするのも不可能に近い。

さらに2回目の入金ボーナスに関しては、その倍の1,200,000円分をベットするまで出金できない。

全く以って新規には優しくないオンカジと言える。

他にも入金額の50%、最大24万円が貰えるハイローラーボーナスがあったりする。

満額貰った時の出金条件は脅威の1,200万円だ。

一般プレイヤーには到底不可能な金額だろう。

ボーナスは出金させたくないという気持ちがひしひしと伝わってくるな。

それから曜日別の入金ボーナスやフリースピンなどもあるが、出金条件は全て50倍。

おいおいプレイアモ。

私たちを馬鹿にするのもいい加減にしてくれ。

これで満足するのはプレイヤーじゃなくて、運営側であるお前たちだろ。

もう十分に最悪な情報が盛りだくさんで、お腹いっぱいの諸君にもう一つ悪い知らせがある。

それが通常の入金に対しても、3倍の出金条件がつくことだ。

何を言っているか分からない初心者に説明すると、99%のオンカジは通常の入金にかかる出金条件を1倍に設定している。

つまり一度入金したお金は全額をベットするまで出金できないということだ。

これはオンカジにおける最もダメな部分の一つ。

入金した現金はプレイヤーの自由に出金させるべきと思わないか?

それがオンカジではできない。

しかもプレイアモでは元から鬼畜な条件が通常オンカジの3倍になっているわけだ。

1倍でもバカらしいのに3倍とは悪質すぎないか?

上手く稼げれば良いが、勝てるプレイヤーはあまりいないだろう。

だからプレイアモに入金することは自ら敗北を認めることと同じ。

そう。

プレイアモは、我々からお金を毟り取りたいだけ。

こんなに害悪な内容ばかりを解説してる私も、はらわたが煮え繰り返っている…。

親愛なるオンカジプレイヤー諸君。

はっきり言おう。

プレイアモのボーナスは、オンカジ業界で最低最悪レベルだ。

出金条件が厳しすぎるし、そもそも自分が入金した現金ですら簡単には出金させてくれない。

こんなオンカジで稼げると思うか?

断言しよう。

絶対に勝てない稼げない。

くれぐれもクソアフィリエイターの甘い謳い文句には騙されるなよ。

プレイアモからフェラーリを貰うためには75億円が必要

プレイアモのフェラーリ

これまでの解説でプレイアモのことをある程度は理解できたと思うが、このオンカジはとてもおかしな事を言う癖がある。

それはVIPプログラムの紹介ページにも記載されていた。

それが『最高レベル到達でFERRARIも夢じゃない!』だ。

そう、プレイアモのVIPレベルを極めるとあのフェラーリが貰える。

フェラーリは、世界中の誰もが知る超高級車。

私も、あからさまな嘘だと思っていたが、実際にスウェーデンのオンカジプレイヤーが獲得したという報告がある。

だが、その真相について調べても出てこなかった。

私も鬼ではないので、100歩譲ってフェラーリが貰えたとしよう。

オンカジで遊んでいるだけでフェラーリが貰えるなら、それはもの凄いことだ。

だが諸君、表面だけを見てはいけない。

なにせプレイアモは外面を良く見せるのが上手いからだ。

疑問を持った私は、VIPランクについて詳しく調査した。

まずVIPランクは全部で10段階。

レベルを上げるためには、現金を使って遊ぶ必要がある。

ここまでは、多くのオンカジにある普通のVIPプログラムだ。

だがプレイアモの場合、レベル上げに必要なポイントは1ポイント1,500円もかかる。

例えばレベル1からレベル2に上げる場合、必要なポイント数は25ポイント。

ポイントだけなら簡単そうに聞こえるが、実際に使うお金は25ポイント×1,500円=37,500円。

この時点でかなり高いのが分かるだろう。

では最高レベルである10になるためには、いくら必要なのか。

レベル10到達に必要なポイントは500万ポイント。

先ほどと同じように計算すると、

500万ポイント×1,500円=7,500,000,000円。

いいか?

約75億円かけてようやくレベル10になる。

どう考えても我々プレイヤーに達成させるつもりが無い。

そう言い切れるだろう。

たとえ本当にフェラーリが貰えたとしても、75億という大金を使って1台はケチすぎじゃないか?

ものにもよるがフェラーリは1台3,000万円前後だ。

75億もあったら、単純に250台も買える。

プレアイモは何を目指しているのか?

プレイヤーを楽しませる気持ちはあるのか?

私には分からない。

だが一つ言えることはケチということ。

プレイアモでプレイしているプレイヤーの評判

ここまではオンカジブレイカーである私の評価をつらつらと述べてきたが、実際に遊んでいるプレイヤーの声も大切だ。

5ちゃんねるやツイッターから情報を集めたから参考にしてくれ。

評判
  • 一定レベル以上になると誕生日プレゼントなどを現物で貰えるのが粋。
  • プレイアモに悪い評判が無いのが逆に怖い。
  • 無理やりプレイアモの利点を挙げるとすれば、会社の規模がでかいから夜逃げリスクが低いことくらい。
  • 自分の経験上だけど、プレイアモってなかなか出金できないんだよな。

ツイッターにはプレゼントを貰えたことに喚起するプレイヤーの声が多くあった。

確かにマイオンカジからプレゼントを貰えるのは嬉しいことだろう。

それに現物で貰えるのはとても珍しい。

だが目を覚ましてくれ。

プレイアモは、我々プレイヤーからさんざん金を巻き上げているんだぞ。

ちょっとやそっとの粗品なんか、プレイアモにとっては痛くも痒くもない。

それから些細な事だがプレゼントに関する情報は、全て2021年のものだった。

2022年に入ってからの評判がなぜか少ない。

今後もプレイヤーの評判は更新していくが、プレイアモのヤバさに気づいたプレイヤーが増えれば、評判は減っていくだろう。

プレイアモは業界トップとは思えないケチなオンカジ

今回はプレイアモの真実について暴露してきた。

サービス内容は平均的だが、話を大きく見せる癖がある。

ボーナスに関しても同じ。

お得に見えるが蓋を開けてみれば、出金させる気は一切ない。

プレイヤーたちの評判ではプレゼントが嬉しいとあったが、先ほど話した通りで、プレゼントを送る余裕があるほど我々から金を巻き上げているのだ。

プレイアモの運営方法は、アメとムチを悪用してプレイヤー心理を操る悪徳商法と同じ。

それでも『我こそは』と腕に自信のある真のギャンブラーたちは、ボーナスを利用せず利益を稼ぐことに徹底してくれ。

この悪徳すぎるオンカジを、我々の手でぶっ壊す。

それでは諸君、検討を祈る。

ここまでありがとう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる